「支払いは小切手で」

ピカソは、小切手で支払うのが好きだったようです。

 

それは、なぜか?

そこには、ピカソのある計算があったのです。

 

有名画家であるピカソがサインした小切手、
あなただったら、これを換金するでしょうか?

換金すれば、ピカソがサインした小切手は銀行に渡り、
手元には残りません。

 

さぁ、どうしますか???

 

多くのお店では、
「これは、あのピカソの小切手だぞ!」
ということで、換金せずに、お店に飾ったりしたそうです。

 

つまり、

 

ピカソは、いろいろなものを”タダ”で手に入れていたのです。
ピカソの計算通り!

 

まぁ、この話の真偽はともかくとして、
誤解を恐れずに言えば、
お金持ちにはケチな人が多いです。

正確に言えば、
お金に細かい。

だからこそ、お金持ちになれたのだと思います。

 

私はケチは悪いことではないと思っています。
特に経営者はケチであるべきです。

 

経営者になったからには、
大きなところを見せたい、ケチと思われたくない、
そんな気持ちからか、
お金のことをなかなか言えない経営者もいるようです。

 

入金が一日でも遅れれば、すぐに催促の連絡を入れる。
支払いであれば金額交渉、支払時期の交渉をする。

 

この当たり前のことをやらないと、
「あの社長は大丈夫だよ。ちょっとぐらい遅れても何も言わないから」
となめられてしまいます。

「あの社長はお金にうるさいから…」
そう思われるぐらいで丁度いいのです。

 

経営者はケチであるべきです。
それは、お金の有効な使い方を身につけるということでもあります。
決して、独り占めするということではありません。

使うべきところにはきちんと使い、
使わなくていいところには財布の紐をキチッと締める。

あなたのお金の使い方はどうですか?

生きた使い方をしていますか?
無駄遣いしていませんか?
一度使い方を見直してみましょう。

 

そして…、

私の個人目標としては、
ピカソぐらい有名になって小切手で支払えるようになること…、

 

なんてね(笑)

 

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ご存知ですか? 経営が楽しくなる ”ちょっとした差”

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?

私は税理士として、社外CFO(最高財務責任者)として、
数々の会社を見てきました。

成長した会社もあれば、残念ながらダメになってしまった会社もあります。
”この違いはどこにあるのか?”
私はこの差を研究してきました。

このブログを読んで頂いてるあなたとは、何かしらのご縁があるはずです。
すべての経営者のサポートはできませんが、
ご縁があったあなたにはぜひ読んで頂きたいと思っています。

無料なので、とりあえず登録してみませんか?

 

おすすめの記事