高齢社会を飛び越えて、

”超”高齢社会になってしまった日本。

 

高齢化のレベルは、
65歳以上の人口比率がどれくらいあるか?
で分けられています。

7%以上になったら「高齢化社会」

14%以上になったら「高齢社会」

21%以上になったら「超高齢社会」

が一般的な目安ですが、
日本は、26%~27%といわれています。

 

でも、

 

これって、”急に”なったわけではないんですよね。

人口ピラミッドは、
当たり前ですが、ある程度、予測できます。

 

たとえば、
去年生まれたこどもの数は、
98万1,000人で、
はじめて100万人を下回りました。

この98万1,000人の同級生たちが、
成人式を迎えるときは、
当たり前ですが、最高で98万1,000人です。

成人式を迎えたら、
同級生が150万人になっていた!

なんてホラーなことは起こらないですよね…。

 

ちなみに、
私の同級生となる
1972年に生まれたこどもの数は、
203万9,000人でした。

 

ということで、
人口ピラミッドは、先が予測できるのです。
今、急に超高齢社会になったわけではないんですよね。

 

超高齢社会になってしまったのは、

「対策できるときに、対策してこなったツケ」

ともいえるわけです。

 

これは、企業経営にもいえることですよね。

先が見えているもの、

たとえば、

売上の増減だったり、

資金繰りだったり、

社員のオーバーワークだったり、

現状のまま行けば、
この先どうなるかが、ある程度見えることってありますよね。

 

その見えたときに、きちんと見るか?
人間は、見たくないものからは目をそらします、後回しにします。

 

でも…、

 

目をそらしても、後回しにしても、
解決はしないのです。
そればかりか、悪化してしまうことも十分に考えられます。

 

「見たくないもの見る」

これって本当にツラいことですが、
これをやらないと、さらに悪いことになってしまいます。

 

目をそらさずに、早めに動く。
何事もこれが大切ですね。

 

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ご存知ですか? 経営が楽しくなる ”ちょっとした差”

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?

私は税理士として、社外CFO(最高財務責任者)として、
数々の会社を見てきました。

成長した会社もあれば、残念ながらダメになってしまった会社もあります。
”この違いはどこにあるのか?”
私はこの差を研究してきました。

このブログを読んで頂いてるあなたとは、何かしらのご縁があるはずです。
すべての経営者のサポートはできませんが、
ご縁があったあなたにはぜひ読んで頂きたいと思っています。

無料なので、とりあえず登録してみませんか?

 

おすすめの記事