「投信 運用手数料下げ競う」

8月24日(木)の日経新聞の記事です。

 

りそなアセットマネジメントが、
業界最低水準を塗り替える投信を立ち上げ、
これを受けて、三菱UFJ国際投信も
同水準に引き下げへ。

 

私はこの記事を見て、
何年か前の「牛丼戦争」を思い出しました。

 

私たち消費者は、
QPSの組みあわせで
商品サービスを選んでいます。

 

Quality(クオリティ:品質)

Price(プライス:値段)

Service(サービス)

 

最後のSは、品質・値段以外のその他のSでもあると、
師匠である小宮一慶さんに教えてもらいました。

 

他に比べて、
圧倒的なQやSがあれば話は別ですが、
そうでない場合、
ライバルがPを下げたら、
こちらもPを下げないと対抗することができません。

 

牛丼がまさにそうでしたよね。

 

「吉野家」「松屋」「すき家」
などなど、牛丼を取り扱うお店はたくさんありますが、
みなさんは、牛丼を食べようと思ったとき、
QPSの何を重視するでしょうか?

 

まぁ、どれも大事なのですが、
やはり、Pという方が多いのではないでしょうか?

 

そうなると、
ライバルがPを下げたら、
こちらもPを下げないと対抗できない、
どんどん、どんどん安値競争になっていったわけです。

 

現に、牛丼戦争のときは、
Pを下げなかったお店は、売上が下がりました。

 

つまり、
値下競争に巻き込まれないためには、
圧倒的なQやSが必要ということですね。

 

たとえば、

1,000円出してもいい牛丼…、

 

どんなものが考えられそうですか?

 

松坂牛を使っている、
金粉が乗っている、
速水もこみちがつくっている(笑)

など、いろいろ考えられそうです。

 

あなたの業界のお客さまは、
QPSのうち、何を重視して商品・サービスを選んでいますか?

 

まずは、
その判断基準を知ることが重要です。

「自分がお客さまだったら…」
そういう視点で一度考えてみましょう。

 

 

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ご存知ですか? 経営が楽しくなる ”ちょっとした差”

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?

私は税理士として、社外CFO(最高財務責任者)として、
数々の会社を見てきました。

成長した会社もあれば、残念ながらダメになってしまった会社もあります。
”この違いはどこにあるのか?”
私はこの差を研究してきました。

このブログを読んで頂いてるあなたとは、何かしらのご縁があるはずです。
すべての経営者のサポートはできませんが、
ご縁があったあなたにはぜひ読んで頂きたいと思っています。

無料なので、とりあえず登録してみませんか?

 

おすすめの記事