「素晴らしい授業だったと、
感謝の電話がありましたので、ご連絡しました」

 

私が専門学校の講師をやっていた頃、
ありがたいことに、
こんな電話を何回か頂いたことがあります。

 

ただ…、

 

この電話をもらう度に、思っていたことがあります。

 

その前に、この電話の前提を…。

この電話は、
私の授業を受けて頂いた方が、学校の ”本部” に連絡。
”本部”は、よかれと思ってか?、直接、私に連絡。

というものです。

 

それでは、私が思っていたことの発表です。

 

それは、

”本部は、私自身に報告するのではなく、私の上司に報告してくれ!”

ということです。

 

いやらしい話ですが…、

 

直接、私に連絡では、上司は、この件を知ることは一生ありません。
本部が ”上司にも” 連絡してくれれば話は別ですが、
残念ながら、そういう気づかいはありませんでした。

 

「じゃあ、自分から言えばいいんじゃ…」

これも、なかなか難しいですよね。

「私、ほめられたんですよ!」
って言うのもね…。

それに、
もし、言われたら、あなたはどう思いますか???

 

ということで、
私の後輩に同じようなことがあったときに、
私は、本部にこう言いました。

「ご連絡ありがとうございます。
ぜひ上司の○○にも連絡を入れて頂けますか?
査定にも影響する話だと思いますので、
お手数ですが、よろしくお願い致します」

 

この話は、いやらしい話かもしれませんが、
とても大切なことだと思うんですよね。

 

”きちんと評価される”
これは、仕事のモチベーションに直結しています。

 

だから私は、
何か素晴らしいことがあったときには、

その本人にも言うし、
その方の上司にも言うようにしています。

 

そうすることで、
その本人はモチベーションアップするし、
その方の上司も、適正な評価ができるようになると思うのです。

 

”誰に伝えるべきか?”

どうせなら、
みんなが幸せになれるように伝えたいですよね。

 

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ご存知ですか? 経営が楽しくなる ”ちょっとした差”

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?

私は税理士として、社外CFO(最高財務責任者)として、
数々の会社を見てきました。

成長した会社もあれば、残念ながらダメになってしまった会社もあります。
”この違いはどこにあるのか?”
私はこの差を研究してきました。

このブログを読んで頂いてるあなたとは、何かしらのご縁があるはずです。
すべての経営者のサポートはできませんが、
ご縁があったあなたにはぜひ読んで頂きたいと思っています。

無料なので、とりあえず登録してみませんか?

 

おすすめの記事