「資本金って、いくらがいいですかね?」

 

4月は起業の季節、
起業したい人たちから、
よく受ける質問のひとつです。

 

この質問の裏には、

”そもそも資本金って何なの?”

ということが隠れていると思うのです。

 

 

では、
そもそも資本金って何なのでしょうか?

 

何となく分かっているような、いないような…。

そんな言葉っていくつかありますが、
資本金も、そのひとつかもしれませんね。

 

資本金は、簡単に言えば ”元手”のことです。

 

よく「体が資本!」

なんて言いますが、
そもそもの体が健康でなければ
やりたいことができないのと同じで、

会社には”お金”がなければ、
やりたいことが十分にできないのです。

 

 

私は、
このことを踏まえて、資本金をこう考えています。

 

”資本金は、お金に対する信用”

 

 

たとえば、
資本金1億円のA社があったとしますね。

 

これは、
A社は、元手を1億円集めた、ということです。

 

1億円ともなれば、
全額自己資金というのは、一般的には難しいですよね。

 

そこで、
ほかの誰かに出資してもらうことになります。

 

当たり前ですが、
人は信用できないものには、お金を払いません。

 

 

ということは、言い方を変えれば、

”資本金1億円は、1億円分の信用を集めた”

と言えるのです。

 

 

お金があれば、事業が成功する可能性は高くなります。

お金を持っているということは、
それだけ、成功の可能性がある、信用できる、
ということになるのです。

 

 

今は、
資本金1円からでも会社をつくることができます。

 

”資本金は、お金に対する信用”

 

このことを踏まえて考えたとき、
果たして、
資本金1円の会社を信用できるでしょうか?

 

 

ということで、
冒頭の質問の、私なりの答えですが、

 

”ひとつの目安は300万円”

 

こう答えています。

 

 

この300万円は、
今はつくることのできなくなった、有限会社の最低資本金です。

 

有限会社は、中小規模の会社、
つまり、”スタートアップの会社”というイメージですね。

 

やはり、
順調なスタートを切るには、
300万円ぐらいは必要だと思うのですが、
みなさんはいかがですか?

 

 

 

 

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ご存知ですか? 経営が楽しくなる ”ちょっとした差”

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?

私は税理士として、社外CFO(最高財務責任者)として、
数々の会社を見てきました。

成長した会社もあれば、残念ながらダメになってしまった会社もあります。
”この違いはどこにあるのか?”
私はこの差を研究してきました。

このブログを読んで頂いてるあなたとは、何かしらのご縁があるはずです。
すべての経営者のサポートはできませんが、
ご縁があったあなたにはぜひ読んで頂きたいと思っています。

無料なので、とりあえず登録してみませんか?

 

おすすめの記事