”お店に入ってきた瞬間、何を食べるかが分かる”

 

これは、
”メニューが1個しかない!”

という訳ではなく、
回転寿司スシローの話です。

 

正確に言うと、

”何を食べるかが、ある程度、統計で分かっている”

 

つまり、

”これまでのデータを、きちんと積み重ねている”

ということですね。

 

このデータにより、
適切なネタをレーンに流すことができるので、
廃棄率は100皿中、1皿。

 

データの精度を上げることで、
廃棄率を下げる(以前は100皿中、3皿)ことに成功しました。

 

現在のスシローの店舗数が、518店舗ですから、
2皿(3皿ー1皿) × 518店舗 = 1,036皿の廃棄数の削減。

この効果はとても大きいですよね。

 

”データを積み重ねる”

これは、どんな業種・業界でもできることです。

 

たとえば、私の税理士業。

申告書をつくっているときに、

「これは、ミスしやすいなぁ…」

「これは、勘違いしやすいなぁ…」

そう思った項目が出てきたら、その都度、メモしておく。

 

そのメモを、スタッフで共有することにより、
事前にミスを防ぐことができます。

 

このときの注意点は、

”データを積み重ねられる環境をつくっておく”

ということです。

 

先程の例であれば、

事前に”報告のフォーマットをつくっておく”

 

「ミスしやすい項目があったら、このフォーマットに記入しておいてね」

こうすることで、データを積み重ねるストレスが弱まります。

 

これが、

「ミスしやすい項目があったら、何でもいいから報告してね」

だと、

その文章を考えるが面倒なので、

「まぁ…、いっか…」

となってしまいがちです。

 

データを積み重ねるには、
ちょっとした工夫、
仕組みをつくることが大切なんですね。

 

何もせずに、気がついたらデータが溜まっていた…、
ということは、ほぼありません。

 

工夫…、

でよく思うものに”アンケート”があります。

 

私は、
セミナーや研修によく参加するのですが、
ザックリとしたアンケートが多いですよね。

 

「今回のセミナーのご感想をお聞かせください」

みたいな感じの…。

 

これだと、

質問がザックリし過ぎていて、
当たり障りのない答えしか返ってこない可能性が高く、
本当に知りたかったことが返ってきません。

 

では、どうすればいいのか?

 

対策のひとつは、質問を絞るのです。

 

たとえば、

「今回のセミナーでは、わかりやすいレジュメになるように、特に力を入れました。
 レジュメのご感想をお聞かせください」

「今回のセミナーは、プレミアムフライデーに行いましたが、
 参加のしやすさという点ではいかがですか?」

みたいな感じで、思い切って絞ってしまうのです。

 

そうすることで、
参加者にとっても、書くべきことが明確になり、書きやすくなります。

 

あれも、これも知りたい気持ちは分かりますが、
参加者の負担も考えて、数を絞ることで、役立つデータを積み重ねることができるのです。

 

ということで、

”データを積み重ねる”

ことを意識してみましょう。

 

そのデータが、
あなたのビジネスに大きな飛躍をもたらすかもしれませんよ!!!

 

 

 

↓クリックして頂けると嬉しいです!(ランキングに飛びます。ご協力ありがとうございます。)


社長ブログランキング

 


にほんブログ村

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ご存知ですか? 経営が楽しくなる ”ちょっとした差”

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?

私は税理士として、社外CFO(最高財務責任者)として、
数々の会社を見てきました。

成長した会社もあれば、残念ながらダメになってしまった会社もあります。
”この違いはどこにあるのか?”
私はこの差を研究してきました。

このブログを読んで頂いてるあなたとは、何かしらのご縁があるはずです。
すべての経営者のサポートはできませんが、
ご縁があったあなたにはぜひ読んで頂きたいと思っています。

無料なので、とりあえず登録してみませんか?

 

おすすめの記事