”ビジネスには心理学も必要”

 

”戦後最長の景気拡大!”

なんて言われていますが、
なかなか好景気を実感できない…、

そんな方も多いのではないでしょうか?

 

特に中小企業の経営者の中には、
逆に、
厳しさを感じている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

そんな中、

 

”大企業のボーナス過去最高”

なんて新聞見出しが出てしまうと…、
中小企業経営者としては、とても辛いですよね。

 

大企業に比べて少なくても、
きちんとしたボーナスが払えていればいいのですが、
いわゆる寸志ぐらいしか払えない、

という中小企業もあるでしょう。

 

資金繰りが厳しい中、
懸命な努力で捻出した資金で支給した寸志も、
従業員からすると、

「なんだ、これだけか…。
大企業では過去最高だというのに…」

と、

せっかくの寸志が、逆に不満をあおってしまう可能性もあります。

 

だから、
そんなときは、寸志資金の使い方を考えてみましょう。

 

たとえば、1人あたり5万円の寸志資金があるなら、
5万円をそのまま渡すのではなく、
そのうち3万円を、
なかなか予約が取れない高級レストランでの決起会・慰労会に充てて、
残りを寸志にしてみる。

 

”3万円のディナー”、

一般的には…、
そうそう行く機会はないですよね。
(少なくても、私は行きません、というか、行けません…悲)

 

一生懸命働いてくれている従業員を
高級レストランで労うことは、
単に現金を渡すよりは、インパクトがあると思うのですが、
いかがでしょうか?

インスタ映えもしそうですし…。

 

もちろん、

「この分を現金でくれよ!」

そう思う人もいるので、従業員をよく観察しないといけません。

 

つまり、

従業員にとって、インパクトのあるお金の使い方をする、

ということです。

 

振込ではなく、”現金手渡し”も、
ひとつの方法ですよね。

 

また、
”褒め方”にも心理学を考えてみましょう。

 

たとえば、

社長が、本人に直接「よくやった!」と褒めるのと、
「○○さんのこと、社長が褒めてたよ!」と人づてに聞くのと、

どちらがうれしいでしょうか?

 

これも人によるでしょうが、
私は、
人づてに褒められた方が
うれしいのではないかと思っています。

 

直接だと、

「ホントかな…」

「気をつかってくれてるのかな…」

なんて余計なことを考えてしまうことがありますが、

人づてだと、

「本当に褒められているんだ!」

と実感できると思うのです。

 

あと、
褒められたことが、周りに伝わる…、

という、ちょっとした虚栄心も満たされます。

人間誰しも褒められたいんですよね(笑)

 

ということで、

 ”ビジネスには心理学も必要” 

です。

 

こう言うと…、

なんか”いやらしく”感じてしまうかもしれませんが、

同じやるなら、

”バリューとインパクトが高いほうがいい!”

私はそう思のです。

 

 

↓クリックして頂けると嬉しいです!(ランキングに飛びます。ご協力ありがとうございます。)


社長ブログランキング

 


にほんブログ村

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ご存知ですか? 経営が楽しくなる ”ちょっとした差”

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?

私は税理士として、社外CFO(最高財務責任者)として、
数々の会社を見てきました。

成長した会社もあれば、残念ながらダメになってしまった会社もあります。
”この違いはどこにあるのか?”
私はこの差を研究してきました。

このブログを読んで頂いてるあなたとは、何かしらのご縁があるはずです。
すべての経営者のサポートはできませんが、
ご縁があったあなたにはぜひ読んで頂きたいと思っています。

無料なので、とりあえず登録してみませんか?

 

おすすめの記事