”利益とコスト、どちらが先か?”

 

起業の相談を受けることがあります。

起業で必ずといっていいほど問題になるのが、
資金調達です。

 

最初から、潤沢に資金があっての起業は、
なかなかお目にかかれません。

 

先日受けた起業相談でも、
資金調達が課題のひとつでした。

 

「自己資金だけでは足りないので、
創業融資を受けたい」

 

ということで、

 

資金繰り表や、

収支予測表など、

きちんと準備していました。

 

それらの資料を拝見すると…、

 

思わず、

「真面目かっ!」

と突っ込みたくなってしまいました。

 

というのも、

 

収支予測表を見ると、
収支トントンなのです。

 

確かに、
シミュレーションを慎重に考えることは大切です。

 

予想通り売上が上がるとは限らない、

従業員がきちんと育つか分からない、

思ってもみなかったコストが発生するかもしれない、

 

慎重に考えれば、考えるほど、
ネガティブシミュレーションになってしまいがちです。

 

もちろん、
慎重に考えることは、悪いことではないのですが、

お金を借りる、

融資を受けるときに、

ネガティブシミュレーションで借りることが出来るのでしょうか?

 

だからといって、

 

勘違いしてほしくないのは、
まったくの絵空事で考えればいい、
何もかもうまくいったポジティブシミュレーションでやればいいという
わけではありません。

 

考え方としては、
まずは、売上予測を慎重に立てる。

 

次に、
その売上予測を元にした目標利益を計算するのです。

 

たとえば、
売上高の10%の利益を確保する。

 

あるいは、
粗利(付加価値)の20%の利益を確保する。

 

など、
自分なりの利益目標を先に決めるのです。

 

そして、

 

その利益を確保するために、
コストはいくらまで掛けられるのか?

これを考えるということです。

 

算式でいうと、

一般的には、

「売上 - コスト = 利益

ですが、

 

「売上  利 益 = コスト」

で考えるのです。

 

つまり、

コストの枠を決めて、
その配分を考える。

 

そうすることで、

「自分の給料はこんなに取れないな…」

とか、

「家賃をもう少し抑えよう…」

など、

新たな視点が見えてくるのです。

 

ということで、

 

シミュレーションは、

「売上 - 利益 = コスト」

で考える。

 

最初にコストを考えてしまうと、
真面目な人ほど、
収支トントン、

 

あるいは、

 

赤字のシミュレーションになりがちです。

 

それだと…、

 

受けられるはずだった融資も、
受けられなくなってしまいますよ!

 

 

↓クリックして頂けると嬉しいです!(ランキングに飛びます。ご協力ありがとうございます。)


社長ブログランキング

 


にほんブログ村

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ご存知ですか? 経営が楽しくなる ”ちょっとした差”

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?

私は税理士として、社外CFO(最高財務責任者)として、
数々の会社を見てきました。

成長した会社もあれば、残念ながらダメになってしまった会社もあります。
”この違いはどこにあるのか?”
私はこの差を研究してきました。

このブログを読んで頂いてるあなたとは、何かしらのご縁があるはずです。
すべての経営者のサポートはできませんが、
ご縁があったあなたにはぜひ読んで頂きたいと思っています。

無料なので、とりあえず登録してみませんか?

 

おすすめの記事