転ばぬ先の杖、持ってますか?

「また一から説明するんですか…」

 

何かトラブルが起きたときに、
たらい回しにされるってことがありますよね。

 

特に、

役所関係では…、

ひとつの、”あるある”になっていると思うのですが、
たらい回しのときの問題点のひとつが、

 

”共有できていない”

ということです。

 

部署間で問題を共有できていないので、
また一から説明を繰り返さなければならない…。

 

その繰り返させる行為が、
さらなる怒りを誘発する…、

という悪循環になってしまうんですよね。

 

でも、

たらい回しにする前に、
部署間で問題をきちんと共有しておけば、
スムーズなたらい回し(!?)ができるのです。

 

まぁ、

たらい回しそのものがよくありませんが…、

少なくても、
さらなる怒りを誘発することはないわけです。

 

ということで、

”共有すること”

は、とても大切なことなんですよね。

 

もちろん、
役所だけでなく、企業経営においても大切です。

 

先のトラブルの場合はもちろん、

会社の方向性、

現状の数字、

さらには、

アイデアや気づきといったことまで共有するのです。

 

そうすることで、
この共有は、時として、

”転ばぬ先の杖”

の役割を果たします。

 

たとえば、

私のような税理士業の場合は、
”税務申告書をつくるときに、間違えやすい項目を共有する”

 

チェックリスト化して、
間違えやすい項目を見える化することで、
ミスを防ぐことができます。

 

でも、

「これは間違えやすいな…、次は気をつけよう…」

と、ひとりで自己解決してしまったら、
組織としての成長はないですよね。

 

この共有について、
清酒メーカーの月桂冠では、
とても興味深い取り組みをしています。

 

それが、

「注意帳」

です。

 

「注意帳」というのは、
日常の気づきを書き留めた、
すべての従業員が確認できる共有ノートです。

 

月桂冠では、
あるインタビューで「注意帳」のことを、
次のように答えています。

 

「仕事に携わる者たちが、
コツコツと小さな思考を繰り返し、
失敗・教訓・修正・再調整を経て
成功に近づいていく。

そうした共有の文化が脈々と受け継がれてきたことによって
当社の今がある」 

 

まさに、「注意帳」が成功の元。
成功の元は、”共有にある”
ということですよね。

 

私たちは、
仕事でも、日常生活でも、
多くの気づきを得ているはずですが、
ほとんどはスルーしているのが現状だと思います。

 

しかし、
その小さな気づきは、
もしかしたら、大きな財産になるものかもしれません。

 

「注意帳」というものでなくても、
今は、LINEなどの、もっと手軽で便利なツールがあります。

”気づきを投稿するLINEグループをつくる”

など、

やり方によっては、
今まで以上に多くの気づきを集め、
共有できる環境にありますよね。

 

”共有すること”

課題や方向性、数字を共有するだけでなく、
成功例や失敗例、気づきを共有することで、
”転ばぬ先の杖”にもなるのです。

 

共有について、
改めて考えてみましょう。

 

共有が不十分だったら…、

もしかしたら、ものすごく損をしているかもしれませんよ!

 

 

↓クリックして頂けると嬉しいです!(ランキングに飛びます。ご協力ありがとうございます。)


社長ブログランキング

 


にほんブログ村

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ご存知ですか? 経営が楽しくなる ”ちょっとした差”

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?

私は税理士として、社外CFO(最高財務責任者)として、
数々の会社を見てきました。

成長した会社もあれば、残念ながらダメになってしまった会社もあります。
”この違いはどこにあるのか?”
私はこの差を研究してきました。

このブログを読んで頂いてるあなたとは、何かしらのご縁があるはずです。
すべての経営者のサポートはできませんが、
ご縁があったあなたにはぜひ読んで頂きたいと思っています。

無料なので、とりあえず登録してみませんか?

 

おすすめの記事