強みと弱みを知るには?

”人を知る者は智、己を知る者は明なり”

 

これは「老子」の一説で、

 

他人のことを分かっているのは、賢いというレベル、

自分のことを分かっている者こそ、明哲(聰明で事理に通じていること)のレベル、

 

ということです。

 

他人のことは客観的に見ることが出来ても、
自分自身のことを客観的に見るのは、簡単ではありませんよね。

 

あの経営学のカリスマであるピーター・ドラッカーも、

 

「誰でも自らの強みについては、よく分かっていると思っている。
だが、大抵は間違っている。
分かっているのは、せいぜい弱みである。
それすらも間違っていることが多い」

 

と言っています。

 

よく分かっているようで、
よく分かっていない自分自身のこと…。

 

個人レベルでも、こうなのですから、
会社や組織のこととなると、
さらに分からない…、

そんな経営者や会社が多いのではないかと思います。

 

でも、

 

会社経営にとっては、

この”客観的に見る”というのは、

とても大切なことです。

 

客観的に見て、
自社の強みと弱みを分析する。

 

そして、
強みに投資して、伸ばしていく。

 

自社の強みも弱みも分からないまま、
経営戦略、経営計画を立てても、
あまり効果的でないのは、
容易に想像できますよね。

 

では、
自社の強みや弱みはどうすれば分かるのか?

 

この答えはひとつではありませんが、
重要なことは、

 

”じっくり考える時間を確保すること”

 

忙しい毎日の中で、
コマ切れ時間、
ちょっとしたスキマ時間を活用することも重要ですが、
短い時間で、ちょちょっと考えられることではありません。

 

「誰にも邪魔されずに、今日はじっくり考えるぞ!」

 

そんな時間を確保するべきです。

 

たとえば、
私のお客さまで考えてみると、
私とのコンサルの時間がそのひとつとなっています。

 

私のコンサルは、
基本的に月1回、朝~夕方ですが、
その1日は
”強制的に”
誰にも邪魔されずに、

じっくり考える時間を確保することができます。

 

現に、

「もちろん成果も大切ですが、
強制的に経営について考える時間をつくれることが、このコンサルの一番の効果」

と言ってくださるお客さまもいらっしゃいます。

 

忙しい毎日、

”重要だけど、緊急性がないこと”

は、どうしても後回しになってしまいがちです。

 

みなさんも、

自分自身について、

自社について、

何が強みで、何が弱みなのか?

じっくり考える時間をつくってみてください。

 

もうすぐ年末、
来年に向けての目標を考える時期でもあるので、
今が考えるベストタイミング!

ぜひやってみてくださいね。

 

もちろん、
私自身もじっくり考える時間をつくっています。

 

 

↓クリックして頂けると嬉しいです!(ランキングに飛びます。ご協力ありがとうございます。)


社長ブログランキング

 


にほんブログ村

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ダンゼン得する情報が、ここにあります!

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?
 

実は、いい経営をするためには、コツがあるんです。
”そのちょっとしたコツをお届けします!”

 

このちょっとの差が、
1日1日積み重なって、やがて大きな差になります。

 

ぜひ、メルマガにご登録ください。
ダンゼン得する情報を、あなたに毎日お届けします!

おすすめの記事