初動を間違わない

「初動捜査の間違いで迷宮入り…」

なんて話は、ドラマだけでなく、現実の世界でもありますよね。

 

この「初動」の大切さは、警察の捜査だけでなく、
すべてに共通することだと思います。
先日、こんなことがありました。

 

税理士業とは別で運営している会社での出来事です。
ある契約をしたのですが、ちょっとした行き違いがありました。

 

その契約は、私ではない別の役員が担当したのですが、
その役員曰く、
「契約時に、(行き違いの原因となる)その話はなかったと思う」
とのこと。

 

早速、先方の会社に確認の連絡(クレームではなく:←ここが大事)
を入れたのですが、なぜか強い態度で、

「説明した」

の一点張りの返答。

 

まぁ、私は契約の場に立ち会っていないので、
本当のところはわかりません。

実際に説明していたのかもしれませんが、
先方の会社の、この「初動」が問題を大きくしてしまったのです。

 

強い態度で、

「説明した」

と言われてしまった役員としては、引くに引けなくなってしまいました。

 

 

これが、初動で、

「申し訳ございません。
説明させて頂いたのですが、私どもの説明が足りなかったかもしれません」

とか、

「そうでしたか、失礼しました。
もう一度説明させて頂きたいのですが、よろしいでしょうか」

というものであれば、あっさり終わったと思うのです。
(金額的にも微々たるものだったので)

 

でも、先方の態度が、

「こちらは悪くありません!」

というものだと、終わるものも、終わらなくなってしまいます。

 

確かに世の中にはクレーマーと呼ばれる人たちもいるので、
強い態度で出なければいけないこともあるかもしれませんが、
少なくても、今回は ”確認” で連絡を入れたのです。

 

先方の言い分を「まずは受け入れる」
ということをしてからでも遅くはなかったのではないかと…。

 

どんなにIT化が進んでも、
結局最後は「人間 対 人間」です。

 

自分たちを守ることも必要だと思いますが、

”まずは受け入れて、解決策を探る”

この方が建設的ではないでしょうか?

 

あなたの「初動」は大丈夫ですか?

問題を大きくしていませんか?

 

ちなみに、この件で先方からは一言のお詫びもありませんでした。
こうなると…、今後の契約を考えちゃいますよね…。

 

またまた自戒を込めて…。

 

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ダンゼン得する情報が、ここにあります!

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?
 

実は、いい経営をするためには、コツがあるんです。
”そのちょっとしたコツをお届けします!”

 

このちょっとの差が、
1日1日積み重なって、やがて大きな差になります。

 

ぜひ、メルマガにご登録ください。
ダンゼン得する情報を、あなたに毎日お届けします!

おすすめの記事