耳をダンボにする。

「早く皿を出せよ!」

あるオーナーシェフがドキュメンタリーで発した言葉です。

 

この皿を出さなかったアシスタントは3年目、
後輩にも先を越されている状態でした。

 

そんな状況に耐えかねたそのアシスタントは、
そのオーナーシェフに相談しました。

「もうどうすればいいのかわかりません…」

すると、そのオーナーシェフは、

お前は仕事をなめてる。
まずは周りに気を使うこと。
皿を出せと言われる前に、
次にどんな作業が必要かを予測して、動くこと」

ということを言いました。

 

このドキュメンタリーを見たとき、
どんな仕事も同じだな、
そう感じました。

「自分の仕事に没頭する」

これはこれで正しいことだ思います。

 

しかし、

 

それと同時に、

「周りに気を配る」

ということも重要です。

 

私の社会人一年目、
上司によくこんなことを言われました。

「自分の周りで話している人たちの話を、
聞いてないふりして、聞くんだよ。
耳をダンボにするんだよ」

 

聞いてないふりして、聞いておくことで、

今、どんな仕事が進行しているのか?

今、どんな問題が起きているのか?

今、何が必要なのか?

こういったことがわかるようになります。

これらがわかっていれば、急に仕事を振られても
いち早く対応することができますよね。

 

耳をダンボにして、予測力を磨く。

これで、仕事力アップ間違いなしです!

 

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ダンゼン得する情報が、ここにあります!

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?
 

実は、いい経営をするためには、コツがあるんです。
”そのちょっとしたコツをお届けします!”

 

このちょっとの差が、
1日1日積み重なって、やがて大きな差になります。

 

ぜひ、メルマガにご登録ください。
ダンゼン得する情報を、あなたに毎日お届けします!

おすすめの記事