社長の仕事は、”決定”すること。

”玩具販売大手・米トイザラスが全店閉鎖”

2018年6月末で、
アメリカの約700店舗・全店が閉鎖となりました。

 

イギリスでも全店閉鎖が発表され、
今、トイザラスは苦境に立たされています。

 

 

トイザラスを苦境に追いやったのは…、

 

そうです、

 

おそらく多くの方が想像したであろう

 

”Amazon”

 

の存在があります。

 

あとは、

安値攻勢のウォルマートも、

そのひとつです。

 

 

一説には、
若年層の玩具離れが原因では?

 

と言われていたのですが、
実は、玩具マーケットは微増しているそうです。

 

2017年の全米玩具市場は、
約207億ドル(約2兆3,000億円)
で、前年比1%増。

 

トイザラスの2017年1月期の売上高が、
約71億ドル(約7,800億円)

 

シェアの30%以上を占めていても、
ダメな時は、ダメになるんですね…。

 

 

結果的に失敗に終わってしまった
トイザラスですが、
どこに原因があったのでしょうか?

 

 

その原因のひとつが、
マーケティングで大切な

 

”5つのP”

 

の中にあります。

 

 

”5つのP”とは、

 

Product(商品・製品)

Price(価格)

Place(流通)

Promotion(広告・宣伝)

Partner(提携)

 

です。

 

 

実は、
トイザラスとAmazonは、
2000年には提携していた間柄でした。

 

Amazonで唯一の玩具販売会社として
トイザラスがあったのですが、
Amazonが他社にも声を掛けたことを不服として、
提携を打ち切ってしまったのです。

 

 

つまり、

 

Place(流通):どこで売るか?

Partner(提携):誰と組むか?

 

この2つを見誤ってしまったことにあります。

 

 

まぁ、
結果論と言ってしまえばそれまでですが、
2000年と言えば、
日本でもネットショップが出始めた頃なので、
先見性があれば…、

 

 

Amazonとの関係も、
違う選択が出来たのではないか???

 

なんて思います。

 

 

ということで、

経営者は、
常にアンテナを張って、
いろいろな情報を集め、
適切な決定ができるようにする。

 

これが大切ということですね。

 

 

ちなみに、
日本のトイザラスは”トイザらス”と表示します。

 

理由は…、

 

 

自分で調べてみてください(笑)

 

ネットですぐに出てくると思います。

 

 

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ダンゼン得する情報が、ここにあります!

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?
 

実は、いい経営をするためには、コツがあるんです。
”そのちょっとしたコツをお届けします!”

 

このちょっとの差が、
1日1日積み重なって、やがて大きな差になります。

 

ぜひ、メルマガにご登録ください。
ダンゼン得する情報を、あなたに毎日お届けします!

おすすめの記事