もう一度チャンスを…。

「私たちは、
この北京秋天(お店の名前)をお客さまに喜んで頂ける
お店にしたいと思っています。
もう一度だけチャンスをください」

 

 

テレビ東京ドラマ「ラストチャンス~再生請負人~」で、
不採算店の閉鎖を告げた社長に言った、
ある社員のセリフです。

 

 

ドラマ上、

 

社長(リストラする酷い人)、

社員(閉鎖をやめさせようと頑張る人)、

 

どうしても、
こういう構図になるのですが、
私はどうしても違和感を覚えてしまいます。

 

 

というのは、

閉鎖を告げる前の段階で、

”儲かっていない、うまくいっていない”

ことは、お客さまの入り具合などから、
分かっていたと思うのです。

 

 

つまり、

”何とかしよう、したいと思っていたなら、
言われなくても、既に動いているはず”

なんですね。

 

 

それが、

閉鎖を告げた途端に、

「頑張るので、もう一度チャンスをください」

は、ちょっと違うのではないか…、

そう思ってしまうのです。

 

 

でも、

ここが、社長と社員の決定的な違いなんですね。

 

 

社員は、社長ではありません。
経営責任を問われる立場ではありません。

 

うまくいってないな、と思いながらも、
具体的な行動に移さない(移せない)。

 

閉鎖を告げられて、
やっと尻に火が付く。

これが、”普通”なんですね。

 

 

もちろん、経営感覚を持った社員がいる会社もあるでしょう。

 

しかしながら、

誤解を恐れずに言えば、多くの会社ではそうではありません。

 

ここで、勘違いしてほしくないのは、
だから、社員が悪いということじゃないんですね。

 

 

悪いのは、社長です。

社長が方針を決めて、社員に伝え、動いてもらうように
しなければならないのです。

 

 

冒頭の社員はこうも言っていました。

 

「社長は間違ってます。
社長の仕事はリストラだけではないと思います。

社員に目標を与えること、夢やビジョンを与えることが、
最も大切な仕事ではないでしょうか?」

 

 

まさに、

これは、”社長にしかできない社長の仕事”ですよね。
会社の方針・方向性を決めて、
それを社員に伝える。

 

伝えるときは、

”意味”と”意識”が違うことを

忘れてはいけません。

 

 

たとえば、ある指示を、

好きな人から受けたときと、

嫌いな人から受けたときで、

その指示の意味は分かったとしても、
どちらが、すぐに行動に移せると思いますか?

 

 

答えはいわずもがなですよね。

 

”意味”も大切ですが、

”意識”はもっと大切。

 

 

”意識の共有”のためには、
メールや電話だけでなく、実際に会ったり、
普段からの何気ないコミュニケーションがあったり、

要は”人は理屈では動かない”ということなんですね。

 

 

ということで、

今後のドラマはどのように展開していくのでしょうか?

 

意味と意識という点に注意して見てみると、

面白いかもしれません!

 

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ダンゼン得する情報が、ここにあります!

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?
 

実は、いい経営をするためには、コツがあるんです。
”そのちょっとしたコツをお届けします!”

 

このちょっとの差が、
1日1日積み重なって、やがて大きな差になります。

 

ぜひ、メルマガにご登録ください。
ダンゼン得する情報を、あなたに毎日お届けします!

おすすめの記事