”自己犠牲”のうえに成功は成り立つのか?

今から10年ぐらい前ですかね、

「お客さまに、自分のお金を融資します」

そんな税理士のプレゼンを聞いたことがありました。

 

税理士は、
お客さまの財布の中を見るのが仕事ですから、
お客さまの資金繰りが苦しいかどうかは、
すぐに分かります。

 

資金繰りが苦しければ、
通常は銀行から融資を受けたりするわけですが、
銀行から借りられない会社もあるわけです。

 

つまり、

財務状況がよくない会社、

経営状態がよくない会社、

ということですが、
そんなところに、その税理士は自分のお金を貸すというのです。

 

私は、このプレゼンを聞いて、

「うまくいかないだろうな…」

正直なところ、そう思いました。

 

うまくいかない理由はいくつかあります。

 

まず一つ目は、

”税理士とお客さまが依存関係になる”

ということです。

 

一度お金を借りたら、そのお客さまは、

「いざとなったら、また貸してくれるだろう…」

そんな甘えが出てきてもおかしくありません。

そうなれば、事業に本腰が入らなくなり、
根本的な解決が遠のく可能性が考えられます。

 

2つ目は、

”税理士とお客さまの関係が破綻する”

ということです。

 

関係性がいいときは問題ないことも、
返済が滞ったりすれば、
だんだん…、だんだん…、おかしくなっていきます。

 

「返せよ」

「待ってよ」

友人関係でも、
お金の貸し借りで破綻することってよくありますよね。

 

また、

お金を返さない人に対して、
真剣に経営をサポートしようと思えるのか…、

ここもちょっと疑問ですよね…。

 

そして、3つ目は、

”個人のお金には限界がある”

ということです。

 

その税理士の人は、

もしかしたら…、
とてつもない大金持ちだったのかもしれませんが、
一般的に考えて、一個人のお金は、高が知れています。

 

そうすると、

やがて貸したくても、貸せない状況が来るということが、
容易に想像できるわけです。

 

でも、

「自分のお金を融資します」

という謳い文句で集客しているわけですから、

「なんで貸してくれないんだよ!!!」

と不満になるわけです。

 

以上のことから、

確かに集客は出来たかもしれませんが、
このビジネスモデルは破綻すると思った次第です。

 

その後、
この税理士の人がどうなったかは知りません。

もしかしたら、
うまくやっているのかもしれませんが…。

 

ということで、

結論としては、

”自己犠牲のうえに成り立った成功は長続きしない”

私はそう考えています。

 

ボランティア団体が続かなくなる理由も、
ほとんどがこれです。

 

まずは、
サポートする側が、
しっかりと自分の足で立つことが大切なんですよね。 

 

他人を幸せにしたければ、
まずは自分が幸せになること。

私たちは、
短期的な成功ではなく、
長く続く成功で周りを幸せにしていくべきだと思うのです。

 

 

↓クリックして頂けると嬉しいです!(ランキングに飛びます。ご協力ありがとうございます。)


社長ブログランキング

 


にほんブログ村

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ご存知ですか? 経営が楽しくなる ”ちょっとした差”

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?

私は税理士として、社外CFO(最高財務責任者)として、
数々の会社を見てきました。

成長した会社もあれば、残念ながらダメになってしまった会社もあります。
”この違いはどこにあるのか?”
私はこの差を研究してきました。

このブログを読んで頂いてるあなたとは、何かしらのご縁があるはずです。
すべての経営者のサポートはできませんが、
ご縁があったあなたにはぜひ読んで頂きたいと思っています。

無料なので、とりあえず登録してみませんか?

 

おすすめの記事