危機感のズレ

昨日のブログ「予兆力」の続き…。

 

まずはちょっとおさらい。

 

何事も「突然は突然ではない」
何らかの予兆というものが、必ずあります。

 

たとえば、
楽天誕生のきっかけとなった、2004年のプロ野球再編問題。

 

球団経営が苦しくなり、ひとつ球団が減るかもしれない、
ということに端を発した問題でした。

球団がひとつ減れば、当然、選手たちは余ります。

「突然そんなこといわれても…」

と困惑する選手たちでしたが、

観客の入りとか、それに対して、高騰する年俸を見ていれば、
球団経営が危ないんじゃないかな…、

と気がついていてもおかしくはありません。

 

その気がづいたときに、
球場に足を運んでもらえるように、
選手たちも、何らかの対策をとっていたら…、
もしかしたら、その球団が消えることはなかったかもしれません。

 

何事も、突然は突然ではないのです。

 

でも、

 

これは選手たちだけの責任ではありません。
球団側にも責任があります。

その責任は何かというと、

「球団経営の状況を説明していなかった」

ということです。

 

球団側は、球団の経営状況を知っていますが、
選手たちは、基本的には知りません。

予兆を感じることはできても、
具体的な数字まで知ることは、知ろうとしない限りできないのです。

 

つまり、

持ってる情報量の違いから、
球団側と選手側で、”危機感のズレ”が生じているのです。

 

球団側からすると、

「球場に足を運んでもらえるように、もっとファンサービスをしてよ!」

とか、

「球団の経営が厳しいんだから、年俸についてちょっとは考えてよ!」

そう思っていたかもしれません。

 

それに対して選手たちは、

「球場に足を運んでもらえるように、もっと宣伝してよ!」

とか、

「去年より成績が上がったんだから、もっと年俸を上げてよ!」

そう思っていたかもしれません。

 

こういったことは、一般の企業でもよくある話ですね。

 

社長からすると、
会社を守るため、従業員の生活を守るために、
利益を出して、なるべくキャッシュを貯めておきたい。

 

でも、

 

従業員からすると、その利益を還元してほしい。

 

これも、持っている情報量の違いからくる
危機感のズレなのです。

 

これがズレたままだと、
関係は悪くなる一方…、
まずは情報の共有をして、同じ認識にすることが大切です。

 

そのうえで、

「売上があがったら、何らかの形で還元するよ!」

と曖昧にするのではなく、

「売上が○%あがったら、その○%を賞与として還元するよ!」

と具体的にすることで、
お互いが幸せになれるのです。

 

持っている情報量の違いを放っておくと、
球団問題のようになってしまうかもしれませんよ…。

 

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ダンゼン得する情報が、ここにあります!

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?
 

実は、いい経営をするためには、コツがあるんです。
”そのちょっとしたコツをお届けします!”

 

このちょっとの差が、
1日1日積み重なって、やがて大きな差になります。

 

ぜひ、メルマガにご登録ください。
ダンゼン得する情報を、あなたに毎日お届けします!

おすすめの記事