ゆとりありますか?
close up of red squirrel standing on wood reaching out for a pinecone with seeds

「真実はいつもひとつ!」

あるマンガの名台詞ですが、
この真実の考え方は、実に難しいものです。

 

「真実はひとつしかない」
これを絶対的真実といいます。

 

「真実だからひとつ。それ、当たり前でしょ!」
そう思った方も多いと思いますが、
真実にはもうひとつ、”相対的真実”という考え方もあります。

 

これはどういうことなのか?
通勤・通学をするということで、ちょっと考えてみましょう。

 

通勤、通学をするには、

徒歩の人もいる、
自転車の人もいる、
車の人もいる、
電車の人もいる、
バスの人もいる、

いろいろな通勤方法がありますよね。

 

これを絶対的真実で考えると、

”徒歩通勤しか認めない!”

ということです。

真実はひとつだから、
どんなに遠くても、徒歩通勤しか認めない!

これは困りますよね…。

 

ひとつしか認めない絶対的真実に対して、
相対的真実では、

「学校に行く、会社に行く」

この真実が守られれば、方法は何でもいい。

 

徒歩でもいいし、
電車でもいい、
車でもいい、

学校に行く、会社に行く、
この目的が達成されれば、方法は問わない。

これが”相対的真実”です。

 

実は、
私たち税理士が扱う会計や税金も、

”相対的真実”

なんですね。

 

何となく”絶対的真実”っぽいなぁ…、
そんなイメージを持っていた方もいるかもしれませんが、
会計や税金には、
実はいろいろな選択肢があるんですね。

 

会計には、

「真実性の原則」

という原則まであります。

 

私は、この「真実性の原則」から、

”考え方にゆとりを持つことの大切さ”

を学びました。

 

日常生活でも、
絶対的真実でガチガチに固めてしまったら、
息苦しいですよね…。

 

相対的真実で、ゆとりを持ちましょう。
目的を達成するための方法はひとつではありません。

 

ひとつの方法がダメでも、
あきらめない。

 

気づいていないだけで、
別の方法があるかもしれません!

 

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ダンゼン得する情報が、ここにあります!

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?
 

実は、いい経営をするためには、コツがあるんです。
”そのちょっとしたコツをお届けします!”

 

このちょっとの差が、
1日1日積み重なって、やがて大きな差になります。

 

ぜひ、メルマガにご登録ください。
ダンゼン得する情報を、あなたに毎日お届けします!

おすすめの記事