裏付けありますか?

「御社では、いつ売上になるんですか?」

これは、
新規のクライアントによく聞く質問のひとつです。

 

売上計上の基本的な考え方は、

”実現主義”

です。

 

いつ売上が実現したのか?

商品を相手に引き渡したときなのか、
商品を出荷したときなのか、
相手の商品検収作業が終わったときなのか、

どの基準を採用するかをしっかりと考えて、
継続適用していかなければなりません。

 

いずれの場合も、
ポイントは”実現”です。

 

これには、

”実現主義の原則”

という会計の考え方があります。

 

この実現主義の考え方は、
経営においても、
とても大切なことを教えてくれています。

 

たとえば、

契約を取っただけで、
既に売上が実現したかのように錯覚をして、
お金をつかってしまったり、

ワンマン社長のあるあるですが、
ちょっと儲かったからといって、
高級車を買ってしまったり、

 

これらに、
きちんとした”実現”の裏付けがあれば問題ないのですが、
感覚で間違った行動をしてしまうことがあります。

 

また、
部下が頑張ってくれて、売上が実現できたとき、
部下が何も要求しないからといって、
何も還元しないのも、
実現主義の考えに反しています。

 

部下に対する賞罰にも、
きちんとした基準をつくった方がいいのです。

好き嫌いや、感情で評価してしまうと、
不公平な評価になり、
不平不満が溜まり、いつかそれが爆発します。

 

誰もが納得する基準をつくることで、
切磋琢磨を生み出す必要があるのです。

 

あなたの行動には、
”実現”という裏付けがありますか?

 

まだ、
”未実現”であれば、
慎重に行動する必要があります。

 

くれぐれも
悪い意味で調子に乗らないように!
(自戒を込めて…汗)

 

 

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ダンゼン得する情報が、ここにあります!

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?
 

実は、いい経営をするためには、コツがあるんです。
”そのちょっとしたコツをお届けします!”

 

このちょっとの差が、
1日1日積み重なって、やがて大きな差になります。

 

ぜひ、メルマガにご登録ください。
ダンゼン得する情報を、あなたに毎日お届けします!

おすすめの記事