なぜ、売上を増やしたいんですか?

「売上を増やすぞ! エイエイオー!」

 

まぁ、今どき、
こんな掛け声をしている会社は、
そう多くはないかもしれませんね。

 

でも、

”売上を増やす”

ということについて、
こだわっている経営者は多いものです。

 

極端に言えば、

”売上アップ=正義”

売上アップのためなら、なんでもやる。

 

その昔、

「健康のためなら死ねる」

と言った人(名言!迷言?)がいましたが、
売上アップにこだわるのは、
これと同じことをやっている可能性があるのです。

 

どういうことかということ、

売上を増やしたことで、
かえって、経営が苦しくなってしまい、

最悪、倒産!

なんてことが起こり得るんですね。

 

「え~、なんで? 売上が増えたんだから、倒産なんてしないでしょ」

 

そう思う人もいるかもしれません。

 

そんな人は、
どんなときに会社は倒産するのか?
これを考えてみましょう。

 

会社は赤字で倒産するのではなく、
お金がなくなったときに倒産するのです。

 

つまり、
売上を増やしたことで、

人件費が増え、

家賃等の固定費が増え、

売掛金(売上代金の未回収)が増え、

買掛金(仕入代金の未払い)が増え、

…、

といった具合に、
資金繰りがキツクなっていくことがあるんですね。

 

先日、

三井E&Sホールディングスが、

”売り上げ至上主義をやめる”

ことを発表しました。

 

売り上げ至上主義をやめる代わりに、

”経営の効率化”

を推進するとのこと。

 

具体的には、
ROA(総資産利益率)の改善です。

 

簡単に言えば、

売上アップではなく、
いかに資産を効率よく使って利益を上げるか?

この効率化にこだわるのです。

 

この考え方は、
中小企業にこそ、必要なものです。

 

たとえば、
効率化のひとつとして、
低採算事業から撤退し、
高収益事業に、資産・資源を集中する。

 

この
言われてみれば当たり前のことが、
なかなか出来ません。

 

それは、
低採算事業であっても、

”売上があるから”

です。

 

売上を手放すことは勇気がいるんですね…。

 

ということで、

まずは、

”売上アップ=正義”とは限らない。

これを理解しましょう。

 

また、
そもそも論として、
なぜ売上を増やしたいと思っていたのでしょうか?

私のお客さまに、この質問をすると、意外と答えられないものです。

 

この質問に答えられない、

つまり、

社長自身が納得していなければ、

いくら「売上を上げろ!」と言っても

社員に伝わるはずがありませんよね。

 

あなたの会社は、

売り上げ至上主義ですか?

それとも、

経営の効率化を目指しますか?

 

 

 

↓クリックして頂けると嬉しいです!(ランキングに飛びます。ご協力ありがとうございます。)


社長ブログランキング

 


にほんブログ村

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ダンゼン得する情報が、ここにあります!

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?
 

実は、いい経営をするためには、コツがあるんです。
”そのちょっとしたコツをお届けします!”

 

このちょっとの差が、
1日1日積み重なって、やがて大きな差になります。

 

ぜひ、メルマガにご登録ください。
ダンゼン得する情報を、あなたに毎日お届けします!

おすすめの記事