”やるか、やめるか” この基準、持ってますか?

”営業利益率10%は最低ライン”

 

結果にコミットするでお馴染みのRIZAPグループ。

2019年3月期決算の最終損益が、
193億円の赤字に。

 

前期は90億円の黒字だったので、
大幅な業績悪化ですよね。

 

この原因のひとつが、”急激な拡大路線”

 

いろいろな会社を買収し、
急激に会社を大きくしたものの、
採算の取れない会社も出てきたようです。

 

RIZAP瀬戸社長も、
ご多分に漏れず、

”いけいけドンドン”

の波に飲み込まれてしまったのかもしれませんね。

 

まぁ、

あそこまで戦略がうまくいき、
”RIZAP”という言葉が認知されたわけですから、
調子に乗るなという方が無理かもしれません。

 

私でも…、

 

 

 

調子に乗ると思います…(汗)

 

ということで、

ピンチになったRIZAPが頼ったのが、
カルビーで腕を振るったプロ経営者である松本晃氏でした。

 

たった一年でRIZAPを去ることになったようですが、
松本氏が行ったのが、買収した会社の整理。

大きくなりすぎた会社を整理することでした。

 

その整理する基準が
冒頭の”営業利益率10%は最低ライン”です。

 

インタビューで、

「経営目標は何を重視すべきですか?」

そう聞かれた松本氏は、

「キャッシュを生んでくれるかどうか。
営業利益率10%は最低ラインで、
これが達成できないのなら、事業を止めた方がよい」

と答えています。

 

つまり、

”撤退の基準を持っている”

ということです。

これはとても大切なことなんですね。

 

営業利益率(本業の利益率)が、
最低ラインの10%を切っていたとしても、
たとえば、8%とか9%でも、
一応、”利益は出ている”わけです。

 

”利益が出ているものを止める”

 

これは想像以上にハードルが高いんですよね。

 

採算が取れなくても、
利益が出ているから…と、
ズルズル、ズルズル引っ張ってしまい、
さらに悪化してしまう会社も少なくありません。

 

だから、

”撤退の基準を持つ”

これが重要なんですね。

 

RIZAPの場合は、

”営業利益率10%は最低ライン”

この基準で、大鉈を振るったのだと思います。

 

「黒字未達なら辞任の覚悟」

インタビューでそう答えた瀬戸社長。

 

果たして、
結果にコミットできるのでしょうか?

 

 

↓クリックして頂けると嬉しいです!(ランキングに飛びます。ご協力ありがとうございます。)


社長ブログランキング

 


にほんブログ村

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ダンゼン得する情報が、ここにあります!

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?
 

実は、いい経営をするためには、コツがあるんです。
”そのちょっとしたコツをお届けします!”

 

このちょっとの差が、
1日1日積み重なって、やがて大きな差になります。

 

ぜひ、メルマガにご登録ください。
ダンゼン得する情報を、あなたに毎日お届けします!

おすすめの記事