ビジネスで成功する一番簡単な方法。

”自分の仕事に惚れこむ”

 

これが、
ビジネスで成功する一番簡単な方法です。

 

「なんだ、そんなことか…」

 

そう思った人もいるかもしれませんが、
このシンプルな思考が、
昔から変わらない普遍の法則なんですよね。

 

”好きで好きでたまらない仕事”と、

”仕方なくイヤイヤやっている仕事…”、

どちらが成功に近いかは言うまでもありません。

 

あの経営の神様である、
松下幸之助さんも、次のように言っています。

 

「どういう仕事でありましても、その仕事に惚れると申しますか、
自分の仕事が一番いいんだということで、その仕事に携わるということが、
何よりも幸福なことであるということは昔からいわれております」

 

「商売で成功するんでも、まずその商売に惚れなくてはならないという
ことがいわれております。
”この商売はもうひとつ面白くないな”ということでは、
決して成功するものではないのです

 

「はたから見て、”あの商売はつらいだろうな、あの商売は面白くないだろうな”
と思われるような商売でありましても、当のご本人が、
”この仕事は非常に自分に向いているんだ、自分は好きなんだ、この仕事に惚れているんだ”と、
こういうようにやっておられる人は幸せであり、
また幸福であり、そこに非常な成功の端緒(物事の手がかり、きっかけ)が
生まれてくるということがいわれておりますが、まったくそのとおりだと思うんであります」

 

ということで、

”自分の仕事に惚れこむこと”

 

これが成功へのスタートであり、
これが幸せのひとつであることを、
松下さんもおっしゃっています。

 

ただ…、

多くの人が勘違いしてしまうであろうポイントがあります。

 

それは、

 

「自分のやりたいことができる人なんて、そう多くはないよ…」

というもの。

 

確かに、
自分のやりたいことをやって、ご飯を食べていける人は、そう多くはありません。

 

私も、
予定通りであれば、ジャニーズに入っていたわけですが、
そうなっていないわけです(笑)

 

だから、

もしかしたら、

今、あなたがやっている仕事は、

やりたいことではないかもしれません。

 

それでも、

好きになるポイント、

惚れこむポイントを、

無理やりにでも、自分自身で見つけることが大切なんですね。

 

その昔、

テレビだったか、ラジオだったかも忘れてしまいましたが、
人生相談のコーナーがありました。

その中の質問にこんなものあったのです。

 

「志望していた大学には落ちて、滑り止めで受けた大学には合格しました。
合格した大学は、別に行きたい大学ではなかったので、行きたくないのですが、
どうしたらいいでしょうか?」

 

これに対する答えが、

 

「合格した大学があり、不合格だった大学がある。
これは、合格した大学に縁がある。”おいで”って言ってくれているんだよ。
行きたくない大学だったかもしれないけど、行ってみたら。
きっと、素晴らしい出会いがあるよ」

 

私は、この答えに感動してしまいました(でも、番組名とかは忘れたけど…)

 

「なるほど、世の中には”縁”というものがあるんだな」

 

つまり、

あなたが今やっている仕事にも、何らかの”縁”があるわけです。

あなたが、”やるべき仕事”なのかもしれません。

 

そう思って仕事に取り組めば、
どんな仕事にも、”惚れこむポイント”があるはずだと思うのです。

 

”仕事に惚れこむ”

これは、自分がやりたい仕事をやるという次元とは違うものなんですね。

 

 

↓クリックして頂けると嬉しいです!(ランキングに飛びます。ご協力ありがとうございます。)


社長ブログランキング

 


にほんブログ村

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?
”自分の仕事に惚れこむ”

これが、

ビジネスで成功する一番簡単な方法です。

「なんだ、そんなことか…」

そう思った人もいるかもしれませんが、

このシンプルな思考が、

昔から変わらない普遍の法則なんですよね。

”好きで好きでたまらない仕事”と、

”仕方なくイヤイヤやっている仕事…”、

どちらが成功に近いかは言うまでもありません。

あの経営の神様である、

松下幸之助さんも、次のように言っています。

「どういう仕事でありましても、その仕事に惚れると申しますか、

自分の仕事が一番いいんだということで、その仕事に携わるということが、

何よりも幸福なことであるということは昔からいわれております」

「商売で成功するんでも、まずその商売に惚れなくてはならないという

ことがいわれております。

”この商売はもうひとつ面白くないな”ということでは、

決して成功するものではない」

「はたから見て、”あの商売はつらいだろうな、あの商売は面白くないだろうな”

と思われるような商売でありましても、当のご本人が、

”この仕事は非常に自分に向いているんだ、自分は好きなんだ、

この仕事に惚れているんだ”と、こういうようにやっておられる人は幸せであり、

また幸福であり、そこに非常な成功の端緒(物事の手がかり、きっかけ)が

生まれてくるということがいわれておりますが、まったくそのとおりだと思うんであります」

ということで、

”自分の仕事に惚れこむこと”

これが成功へのスタートであり、

これが幸せのひとつであることを、

松下さんもおっしゃっています。

ただ…、

多くの人が勘違いしてしまうであろうポイントがあります。

それは、

「自分のやりたいことができる人なんて、そう多くはないよ…」

というもの。

確かに、

自分のやりたいことをやって、ご飯を食べていける人は、そう多くはありません。

私も、

予定通りであれば、ジャニーズに入っていたわけですが、

そうなっていないわけです(笑)

だから、

もしかしたら、

今、あなたがやっている仕事は、

やりたいことではないかもしれません。

それでも、

好きになるポイント、

惚れこむポイントを、

無理やりにでも、自分自身で見つけることが大切なんですね。

その昔、

テレビだったか、ラジオだったかも忘れてしまいましたが、

人生相談のコーナーがありました。

その中の質問にこんなものあったのです。

「志望していた大学には落ちて、滑り止めで受けた大学には合格しました。

合格した大学は、別に行きたい大学ではなかったので、行きたくないのですが、

どうしたらいいでしょうか?」

これに対する答えが、

「合格した大学があり、不合格だった大学がある。

これは、合格した大学に縁がある。”おいで”って言ってくれているんだよ。

行きたくない大学だったかもしれないけど、行ってみたら。

きっと、素晴らしい出会いがあるよ」

私は、この答えに感動してしまいました(でも、番組名とかは忘れたけど…)

「なるほど、世の中には”縁”というものがあるんだな」

つまり、

あなたが今やっている仕事にも、何らかの”縁”があるわけです。

あなたが、”やるべき仕事”なのかもしれません。

そう思って仕事に取り組めば、

どんな仕事にも、”惚れこむポイント”があるはずだと思うのです。

”仕事に惚れこむ”

これは、自分がやりたい仕事をやるという次元とは違うものなんですね。

 

 

↓クリックして頂けると嬉しいです!(ランキングに飛びます。ご協力ありがとうございます。)


社長ブログランキング

 


にほんブログ村

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ダンゼン得する情報が、ここにあります!

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?
 

実は、いい経営をするためには、コツがあるんです。
”そのちょっとしたコツをお届けします!”

 

このちょっとの差が、
1日1日積み重なって、やがて大きな差になります。

 

ぜひ、メルマガにご登録ください。
ダンゼン得する情報を、あなたに毎日お届けします!

おすすめの記事