どこに商品を並べるか?

突然ですが、

志村けんさんの

「バカ殿様」

観たことありますか?

 

実は…、

 

 

私は「バカ殿様」が好きで、
ビートたけしさんがゲストの回などは、
腹を抱えて笑った記憶があります。

 

そんな

「バカ殿様」

ですが、
DVDでレンタルされています。

 

最近は、

ネットでレンタルする人も増えてきて、
店舗に行く機会が減ってきたかもしれませんが、

ここでちょっと、
レンタルショップをイメージしてみてください。

 

レンタルショップの中には、
たくさんのDVDがあって、
ジャンル分けされていますよね。

 

アクション

ホラー

アニメ

などなど、

いろいろなジャンルがあります。

 

そんな中、

あなたは、
「バカ殿様」を借りようとしています。

 

さて、

どのジャンルのところに行きますか?

 

答えは…、

 

 

 

言うまでもなく、

”バラエティ”

あるいは、

”コメディ”

だと思うのですが、

 

私が行ったレンタルショップでは…、

 

 

 

”時代劇!”

まぁ、

何かの間違いだと思いますが、

確かに、
時代劇であることに
間違いはない!

これはこれで、
なかなか新鮮でした。

 

この、

”商品をどこに並べるか?”

これは、

ビジネス上、とても重要なことなんですよね。

 

先日、

ある、ビジネスプレゼンの番組を観ました。

 

その番組の中で、

「風に香りをつけるビジネス」

をプレゼンをした人がいたのですが、
そのプレゼンに対する審査員の評価が秀逸でした。

 

その審査員の方は、

どのジャンルに持ってくるかが勝負だと思う。

たとえば、風に着目するとダメで、
扇風機のように考えると、3,980円でも売れない。

そうではなくて、健康器具として考える。
この風が健康にいいことを証明できれば、
10倍以上の値段になる」

 

言葉は正確ではないのですが、
こんなようなことを言っていました。

 

つまり、

自分の商品を、”どう定義づけるか?”

 

「バカ殿様」を、

”バラエティ”と定義づけるのか?、

あるいは、

”時代劇”と定義づけるのか?

 

これと同じように、
モノの見方には複数存在するわけです。

この定義づけを間違えると、
儲かるものも、儲からなくなる。

 

”どこに商品を並べるか?”

これは、
本当に大切なことなんですよね。

 

ということで、

いま一度、商品の定義づけを考えてみましょう。

 

もしかしたら、

間違った定義づけのせいで、
損をしているかもしれませんよ!

 

 

↓クリックして頂けると嬉しいです!(ランキングに飛びます。ご協力ありがとうございます。)


社長ブログランキング

 


にほんブログ村

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ダンゼン得する情報が、ここにあります!

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?
 

実は、いい経営をするためには、コツがあるんです。
”そのちょっとしたコツをお届けします!”

 

このちょっとの差が、
1日1日積み重なって、やがて大きな差になります。

 

ぜひ、メルマガにご登録ください。
ダンゼン得する情報を、あなたに毎日お届けします!

おすすめの記事