50%はハズレ。

日経トレンディが選ぶ
2019年のヒット商品・第1位に選ばれた
「ワークマン」

 

コロナショックで苦しむところが多い中、

6月の既存店売上高は、
対前年比で、

なんと…、

 

 

"137.2%"

新規を含めた全店では、

"144%"

驚異的な伸びとなっています。

 

そんなワークマンをけん引するひとりが、
土屋哲雄専務です。

 

土屋専務の仕事のやり方のひとつが、

"話す"   

 

「こういう構想があるんだけど、どう思う?」

考えていることを、とにかく周り、
特に部下に話す。

 

というのは、

土屋専務は、
自分の考えていることは、

 

「50%はハズレだと思っている」

 

だからだそうです。

 

自分の考えだけて突っ走ってしまうと、
より良い可能性を見逃してしまう、

 

場合によっては、
事故ってしまう…、

 

そうならないように、
周りに話して、

"衆知を集める"

 

そうは言っても…、

 

部下に話して、
役員である専務に意見する人がいるのか…、

 

そんな心配もありますが、
ワークマンでは…、

 

 

"間違っているときは、
違うとハッキリ言う"

そうです。

 

これは、
言うほど簡単なことではありません。

 

なかなか上司の意見に対して、

"違う"

とは言えませんからね…。

 

つまり、

土屋専務自身が
普段から話せる環境をつくっているのは
もちろんのこと、

 

そうできる、"社風"

 

これがあるということだと思います。

 

「何でも話していいからね!」

 

でも、いざ話すと…、

 

 

 

"尽く否定される…"

これだと、
話せる環境・社風にはなりづらいですよね。

 

ということで、

勢いに乗っている
ワークマンの秘密のひとつが、

"風通しの良さ"

 

あなたの会社では、
上司に対して意見が言いやすいですか?

それとも…!?

 

 

↓クリックして頂けると嬉しいです!(ランキングに飛びます。ご協力ありがとうございます。)


社長ブログランキング

 


にほんブログ村

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ダンゼン得する情報が、ここにあります!

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?
 

実は、いい経営をするためには、コツがあるんです。
”そのちょっとしたコツをお届けします!”

 

このちょっとの差が、
1日1日積み重なって、やがて大きな差になります。

 

ぜひ、メルマガにご登録ください。
ダンゼン得する情報を、あなたに毎日お届けします!

おすすめの記事