試験と実務

簿記を教えていると、
ときどき、

「そりゃーないだろう!」

ということに遭遇します。

 

たとえば、
こんなことです。

 

「商品10,000円を仕入れたのに
間違って、1,000円で会計処理をしてしまった」

この場合の対処の仕方は?

 

検定試験での模範解答は、

”差額9,000円を追加して、合計で10,000円にする”

です。

 

実務でこんなことをされたら…、

もう訳がわかりません。

 

この処理だと、
1,000円と、
9,000円が、
別々に記録されます。

「この2つを足せば、”合計で”10,000円でしょ!」
という、かなり強引なものですよね…。

 

あとで見返したときに、
請求書や領収書との突合は難しくなります。

 

というのは、
請求書や領収書は、当然10,000円でつくられています。

 

でも、
会計処理は、1,000円と、9,000円に分かれているので、
パッと見、突合がやりづらいのです。

 

しかも、
人は入れ替わります。

 

この会計処理をした人が、
ず~っとその会社に在籍していれば、
何かあったときに説明できますが、
そんなことはまれです。

 

だからこそ、
あとから見返したときに、
誰が見てもわかるような処理をしなければならないのです。

 

先の例であれば、
まずは、間違った1,000円の会計処理を取消して、
正しい10,000円でやり直すのがベストです。

 

これであれば、
あとから見返したときに、
誰が見ても会計処理の意味がわかるはずです。

 

「試験と実務」
簿記に限らず、違うことってありますよね。

 

私の授業では、
このあたりの違いもきちんと説明しています!

 

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ダンゼン得する情報が、ここにあります!

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?
 

実は、いい経営をするためには、コツがあるんです。
”そのちょっとしたコツをお届けします!”

 

このちょっとの差が、
1日1日積み重なって、やがて大きな差になります。

 

ぜひ、メルマガにご登録ください。
ダンゼン得する情報を、あなたに毎日お届けします!

おすすめの記事