辛抱しろ!では辛抱できない。

今朝のニュースで、

「米百俵の精神」

が取り上げられていました。

 

これは、長岡藩の藩士・小林虎三郎の教育にまつわる故事です。

長岡藩が、北越戦争で敗れ、とても厳しい状況のときに、
支藩である三根山藩から、百俵の米が贈られてきます。

これで生活が楽になる…、多くの人がそう思ったとき、

小林虎三郎は、それを食べることを許さなかったのです。

 

その米は売却して、学校をつくることを提案し、推し進めました。

「百俵の米も、食えばたちまちなくなるが、
教育にあてれば明日の一万、百万俵となる」

現在の辛抱が、将来の利益につながる。
このことを教えてくれる物語として、今も語り継がれています。
小泉元総理も、所信表明演説で引用していましたよね。

 

この物語で、とても大切なことは、
今、辛抱すればどうなるのか?
明るい未来がイメージできているかどうか、
ということです。

 

ただ単純に、

「辛抱しろ! 我慢しろ!」

では、多くの人は納得しません。

 

そこに、

明るい未来があるからこそ、
辛抱したり、我慢できたりするのです。

 

これは経営でもまったく同じです。

「売上を伸ばせ! コスト削減しろ!」

そういうだけだと、明るい未来は描けないですよね。

 

売上を伸ばすと、どんないいことがあるのか?
コスト削減すると、どんないいことがあるのか?

 

これらをしっかりと描けるように、伝えることができたなら…、
従業員は頑張ると思いませんか?

 

でも、
これを社長がいうと、
胡散臭くなったり、いやらしくなったりすることがあるのです。

 

そこで、
私たち、税理士や社外CFOの出番です。

 

社外の者が、客観的な事実をいうことで、

「あ~、そうなんだ…、頑張ればこんないいことがあるんだ…」

そう素直に聞けたりするもんなんですね。

社内の人だからこそ、できること。

社外の人だからこそ、できること。

これをしっかりと見極めて、
適材適所で行うことで、
企業の成長スピードはかなり変わってくるのです。

 

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ダンゼン得する情報が、ここにあります!

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?
 

実は、いい経営をするためには、コツがあるんです。
”そのちょっとしたコツをお届けします!”

 

このちょっとの差が、
1日1日積み重なって、やがて大きな差になります。

 

ぜひ、メルマガにご登録ください。
ダンゼン得する情報を、あなたに毎日お届けします!

おすすめの記事