徹底と愛情の関係。

”徹底的にやる”

何事においても、コレって重要です。

 

 

ただ、
ちょっとやっかいなのは、

”徹底”

の定義が人によって違う、
ということですね。

 

 

たとえば、協同してのモノづくり。

 

相手方も、徹底的にやってくれているとは思うのですが、
それでも、私の徹底とはちょっと違うのです。

 

「ここは、もうちょっとやってほしいんだよなぁ…」

 

こんな場面が、何度か訪れます。

 

このとき、どう動くか?

 

考えられる行動としては2つ。

 

1つ目は、

「もう何度もやり取りしているのに、修正してって言いづらいな…」

「まぁ、納得してないけど、大きく違わないから、これでいいか…」

と妥協してしまう。

 

 

2つ目は、

「確かに言いづらいけど…、いいモノにしたいから、言うべきことは言う!」

と妥協しない。

 

 

みなさんは、どちらの行動をとりますか?

 

 

 

私は…、

 

ダンゼン後者ですね。

 

 

妥協すれば、楽は楽なんですが、
妥協してしまうと、その出来上がったものに愛情を持ちづらくなるからです。

 

 

愛情が持てないものは、他人に勧めづらいですよね。

 

結果的に、誰も幸せになれないと思うのです。

 

だからこそ、妥協しない。

 

もちろん、妥協しないことと、ワガママは違うので、
その辺りは注意しないといけませんが、

”いいものをつくる”

ためには、妥協せず、徹底することが重要なんですね。

 

 

 

でも、

このことは、私に言われなくても、
誰もがわかっていることだと思いますが、
実際に行動するのは、難しいときがあります。

 

それが、

”言いづらい”

という心理的プレッシャーです。

 

 

もちろん、
私にも心理的プレッシャーはあります。

 

負けそうなときもありますが、
これに打ち勝つには、

”いいものをつくる”

という、

強い信念を持つこと以外ありません。

 

 

嫌われてもいいから、言うべきことを言う。

(実際、村田からの修正依頼は煙たがられているらしい…悲)

 

 

みなさんも、

心理的プレッシャーに負けずに、

徹底していきましょう!

 

 

”いいものをつくり、誰かの役に立つ、喜ばれる”

これに勝るものはありません。

 

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?

 


ダンゼン得する情報が、ここにあります!

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?
 

実は、いい経営をするためには、コツがあるんです。
”そのちょっとしたコツをお届けします!”

 

このちょっとの差が、
1日1日積み重なって、やがて大きな差になります。

 

ぜひ、メルマガにご登録ください。
ダンゼン得する情報を、あなたに毎日お届けします!

おすすめの記事