生え抜きと外様。

「アサヒはなぜダメなのか? 教えてください。」

 

1980年代前半、
市場シェアを10%切る寸前まで落とし、
経営危機に陥っていたアサヒビール。

 

そんなアサヒビールを救うべく、
住友銀行(当時)から
アサヒビールに転身し、社長となった樋口廣太郎氏。

 

冒頭のセリフは、

その樋口氏が、
ライバル会社へ挨拶回りに行ったときの言葉です。

 

1980年代前半は、ラガービール全盛期。
キリンビールが、市場シェア60%を握っていました。

 

そのキリンビールでは、
樋口氏の問いに、

「品質第一、品質の根本は原材料。原材料に金を惜しまないこと。」

 

 

もうひとつのライバルであるサッポロビールでは、

「御社には古びビールが多いようだ。
ビールで大事なのは、常に新しいこと。フレッシュ・ローテーションです。」

 

こう答えました。

 

 

このアドバイスを素直に受け入れ、実践した、
樋口氏率いるアサヒビールは、
このあと、スーパードライの大ヒットで、奇跡の大逆転を起こしたのです。

 

この大逆転のきっかけをつくったのは、

「アサヒはなぜダメなのか? 教えてください。」

この質問を出来たことが、
大きく影響しているのは間違いないと思います。

 

 

でも、
この質問…、

 

なかなか出来ないですよね。

 

”ライバルに教えを乞う”なんて、

どうしても、プライドが邪魔してしまいます。

 

 

では、なぜ樋口氏は出来たのか?

 

これは、まったくの想像でしかありませんが、

いい意味で、

”外様”

だったからだと思うのです。

 

もしも、
アサヒビール一筋、生え抜きの社長だったら、
この質問が出来たのか?

 

おそらく、簡単ではないですよね。

 

つまり、

”生え抜き”だけでなく、

”外様”の力をうまく活用する、

ということです。

 

今の企業経営に当てはめれば、
生え抜きの社員・役員だけでなく、
社外取締役など、”社外の目”も活用するということです。

 

生え抜きの内輪だけで考えた結論と、

社外の意見も取り入れて考えた結論、

 

どちらの精度が高いかは、言うまでもありませんよね。

 

生え抜きには、生え抜きの良さが、

外様には、外様の良さがあります。

 

多くの企業で見られる、
変な派閥争いになってしまうのはもったいないです。

 

中小企業では、
まだまだ普及していない社外取締役。

外様を入れて、
組織に新しい風を入れてみたら、
新しいことが始まるかもしれませんよ!

 

 

 

↓クリックして頂けると嬉しいです!(ランキングに飛びます。ご協力ありがとうございます。)


社長ブログランキング

 


にほんブログ村

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ご存知ですか? 経営が楽しくなる ”ちょっとした差”

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?

私は税理士として、社外CFO(最高財務責任者)として、
数々の会社を見てきました。

成長した会社もあれば、残念ながらダメになってしまった会社もあります。
”この違いはどこにあるのか?”
私はこの差を研究してきました。

このブログを読んで頂いてるあなたとは、何かしらのご縁があるはずです。
すべての経営者のサポートはできませんが、
ご縁があったあなたにはぜひ読んで頂きたいと思っています。

無料なので、とりあえず登録してみませんか?

 

おすすめの記事