夏休みの宿題に見る、仕事ができる人、できない人。

今日から8月。

これから夏本番ですね。

 

学生たちは夏休みに入り、

もしかしたら…、

今が一番楽しいときかもしれません。

 

「あと1ヶ月休みがある!」

私の小学生時代を思い返してみると…、

本当に夢のような日々でした!

 

そんな夏休みですが、
楽しいことばかりではありません。

 

夏休みには、

”宿題”

がもれなくついてきましたよね。

 

みなさんは、夏休みの宿題はいつやりましたか?

 

早めに片づける方でしたか?

それとも…、

夏休み終了直前にラストスパートをかける方でしたか?

 

ということで、

この、”夏休みの宿題”をどうこなしていたか?

 

これが、
大人になった今でも、大きく影響していると思うのです。

 

どういうことか?

 

ビジネスの現場にも、
できる人と、できない人がいますが、
この違いが表れるひとつが、

”着手の差”

なんですよね。

 

仕事ができる人は、”着手が早い”

それに対して、

仕事ができない人は、”着手が遅い”

 

なぜこうなるかというと、

着手の差は、
思考期間の差につながるからです。

 

着手が早いということは、

”それだけ思考期間が長くなる”

ということですよね。

 

着手が遅い人に比べて、
長く考えているので、
当然ながら、いいものが出てくる。

 

その反対で、

着手が遅いということは、
思考期間が短いうえに、
時間がないので焦る。

当然ながら、あまり、いいものは期待できない…。

 

結果として、
着手の差が、仕事の評価に影響するんですね。

 

ということで、

”着手は早いほうがいい”

 

しかしながら…、

 

これは習慣なので、
一度、先延ばしグセがついてしまうと、
なかなか難しいですよね。

 

そこで、
改めて質問です。

 

みなさんは、夏休みの宿題はいつやりましたか?

 

おそらくですが、
早めに片づけていた人は、
今も変わらず、着手が早いはずです。

 

ちなみに…、

 

私は…、

 

早めに片づけていましたよ(笑)

 

 

↓クリックして頂けると嬉しいです!(ランキングに飛びます。ご協力ありがとうございます。)


社長ブログランキング

 


にほんブログ村

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ご存知ですか? 経営が楽しくなる ”ちょっとした差”

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?

私は税理士として、社外CFO(最高財務責任者)として、
数々の会社を見てきました。

成長した会社もあれば、残念ながらダメになってしまった会社もあります。
”この違いはどこにあるのか?”
私はこの差を研究してきました。

このブログを読んで頂いてるあなたとは、何かしらのご縁があるはずです。
すべての経営者のサポートはできませんが、
ご縁があったあなたにはぜひ読んで頂きたいと思っています。

無料なので、とりあえず登録してみませんか?

 

おすすめの記事