夢と現実の比率。

前回に引き続き、IKEAの話題です。
IKEAは、
北欧スウェーデン発の家具・生活雑貨のお店で、

店舗数は、世界で367店舗。

年商は、約4兆5,000億円。

年間来店者数は、約8億3,800万人。

そのうち、

日本は、わずか9店舗ですが、

年商は、840億円!

 

そんなスゴイIKEAですが、
前回のブログでは、自分事戦略を取り上げました。

今回は、
IKEAの、”パレートの法則”についてです。

 

”パレートの法則”というのは、
イタリアの経済学者・ヴィルフレド・パレートが見つけた法則です。

 

”ビジネスにおいて、売上の8割は全顧客の2割が生み出している”

”商品売上の8割は、全商品銘柄のうちの2割で生み出している”

”仕事の成果の8割は、費やした時間全体のうちの2割の時間で生み出している”

といった、

2割の要素が、全体の8割を生み出しているという理論で、
80:20の法則、ばらつきの法則、
日本では、ニッパチの法則なんて呼ばれ方をすることもあります。

 

これって不思議なんですが、確かにそうなんですよね。

たとえば、

”ビジネスにおいて、売上の8割は全顧客の2割が生み出している”

私はもちろん、
私のお客さまでもやってみたのですが、
だいたいそうなるんですよね。

本当に不思議です…。

 

ということで、
IKEAの話に戻りますが、

IKEAの調査によると、

20%は、家のコーディネートに強い興味がある人。

80%が、家のコーディネートに自信がない人。

とのこと。

 

そこで、IKEAでは、

家のコーディネートに強い興味がある20%の人には、
”夢の部屋”

家のコーディネートに自信がない80%の人には、
”現実の部屋・コピーしやすい部屋”

 

という考えで、
店舗内のルームセットを、

夢の部屋:現実の部屋 = 2:8

の割合で設定しているそうです。

 

また、
夢の部屋を店舗の突き当たりに配置し、
マグネット効果を狙ったレイアウトにしています。

 

マグネット効果というのは、
文字通り、磁石のようにお客さまを引き寄せる効果のことです。

 

IKEAの場合、
夢の部屋を目につくところ、
たとえば、入口正面奥に設置することで、
とりあえず、店舗の奥まで足を運ばせるのです。

 

奥まで足を運ばせれば…、
あとは自然と巡回していきます。

 

夢の部屋のとなりには、現実の部屋があり、
いろいろ巡ることで、購買意欲をかき立てるわけですね。

 

もちろん、
夢の部屋の方が、いろいろと凝っているので
客単価は高く、現実の部屋の3~5倍ぐらいはあるとのこと。

 

IKEAの売上は、
夢の部屋の2割が大きく貢献しているということですよね。

 

こういうことを知ってしまうと…、

純粋に買い物が楽しめなくなるかもしれませんね(笑)

「お店にいいように動かされているのではないか?」

なんて、思ってしまうかもしれません。

 

でも、
お店とは、だいたいそういうものです。

 

たとえば、
スーパーの入り口は、必ず野菜コーナーですよね。

 

あれは、
緑・白・赤・黄色といった、
季節感のある色を出すことで、華やかな気分にさせて
購買意欲をかき立てるという意味合いもあるんですね。

 

肉とか、魚だと、
だいたい同じ色で、華やかな印象は出せないのです。

 

もちろん、理由はそれだけではありません、

たとえば、
出入口付近よりも、奥の方が温度が管理しやすいので、
肉とか魚は奥の方にある、

といったこともありますが、

多かれ少なかれ、
私たちは、店の思惑通りに行動してしまうものなんですね…。

 

だから、

お店に行ったら、

「なぜこの配置になっているのか?」

を、ちょっと考えてみましょう。

 

何も考えずに配置を決めていることは、まずありません。

必ず何らかの意図を持って、その配置にしているはずなんです。

 

それを考えながら買い物をしていれば、
新たなビジネスヒントが、きっと浮かんでくるはずですよ!

 

 

↓クリックして頂けると嬉しいです!(ランキングに飛びます。ご協力ありがとうございます。)


社長ブログランキング

 


にほんブログ村

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ご存知ですか? 経営が楽しくなる ”ちょっとした差”

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?

私は税理士として、社外CFO(最高財務責任者)として、
数々の会社を見てきました。

成長した会社もあれば、残念ながらダメになってしまった会社もあります。
”この違いはどこにあるのか?”
私はこの差を研究してきました。

このブログを読んで頂いてるあなたとは、何かしらのご縁があるはずです。
すべての経営者のサポートはできませんが、
ご縁があったあなたにはぜひ読んで頂きたいと思っています。

無料なので、とりあえず登録してみませんか?

 

おすすめの記事