”ボーダーレスマインド”を持つ。

「うちは日本だけでビジネスをやってるので、海外は関係ない」

 

そんな風に思っていたら、
これからのビジネスは成り立ちません。

 

というのは、
海外に進出することだけが、海外進出ではないからです。

 

今は、

”日本国内の国際化”

が進んでいる時代ですよね。

 

多くの外国企業が日本に参入し、
訪日外国人観光客も3,000万人を突破しました。

 

ということは、

 

日本でしかビジネスをやっていなくても、
ライバル会社が外国企業ということや、
お客さまが外国人観光客ということもあるわけです。

 

つまり、

日本でしかビジネスをやっていなくても、
海外を意識せざるを得ない環境になっているということですね。

 

だから、

これからのビジネスに必要なのは、
実際に海外進出する、しないにかかわらず、

 

”ボーダーレスマインドを持つ”

ということです。

 

日本を大切にすることはもちろんですが、
日本の考え方に凝り固まってしまうのは
よくありません。

 

海外の考え方も勉強して、
取り入れていく姿勢が大切なんですよね。

 

現に、
私のところには、
多くの海外視察のお誘いが来ます。

 

自身のビジネスとは全く関係ない国であっても、
実際に行って、見て、触れることで
たくさんの気づきがあることは間違いないです。

 

ただし…、

 

政治家の行く海外視察は許せないですけどね。

 

たまに、
テレビで追跡番組をやってますが、
あれは納税者をバカにしている。

 

ただ遊んでるだけですが、
経営者の場合は違います。

 

まず、
身銭を切っています。

 

投資した分は回収しようとするのが経営者ですから、
そもそもの意気込みが違うわけです。

 

あとは、
従業員の生活が懸かっているということですね。

政治家のように、
のほほんとはしていられないわけです。

 

おっと、

ちょっと話が逸れてしまいましたが、
海外進出をしていなくても、

”日本国内の国際化”が進んでいる今の時代では、

”ボーダレスマインド”

を持つことが大切なんですね。

 

これは、
言い方を変えれば、

”国際標準の経営をする”

ということでもあります。

 

”国際標準の経営”

これにはいろいろな考え方があると思いますが、
大切なのは次の2つ。

 

それが、

・お客さま第一主義

・キャッシュフロー経営

です。

 

どの国であっても、
この2つが出来ている企業は、間違いなく強いです。

 

ということで、

今後ますます進むであろう、”日本国内の国際化”

 

ボーダーレスマインドを持つことで、
新たな突破口が見えてくるかもしれません。

 

その逆で、

日本の考えに凝り固まっていたら…。

見えるはずのものが、見えないかもしれませんよ!

 

 

↓クリックして頂けると嬉しいです!(ランキングに飛びます。ご協力ありがとうございます。)


社長ブログランキング

 


にほんブログ村

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ご存知ですか? 経営が楽しくなる ”ちょっとした差”

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?

私は税理士として、社外CFO(最高財務責任者)として、
数々の会社を見てきました。

成長した会社もあれば、残念ながらダメになってしまった会社もあります。
”この違いはどこにあるのか?”
私はこの差を研究してきました。

このブログを読んで頂いてるあなたとは、何かしらのご縁があるはずです。
すべての経営者のサポートはできませんが、
ご縁があったあなたにはぜひ読んで頂きたいと思っています。

無料なので、とりあえず登録してみませんか?

 

おすすめの記事