不安にさせない会話術。

”会話術”

ネットの時代になっても、
求められるスキルのひとつですよね。

 

Amazonで、

”会話術”

と検索すれば、
1,000以上の本がヒットすることからも、
その重要性が分かります。

 

私たちは、

ビジネスでも、
プライベートでも、
いろいろな会話をしますよね。

 

特にビジネスでは、
会話ひとつで売上が変わったりしますから、
会話術のスキルは無視できません。

 

ところで、

みなさんが、

「この人、うまいなぁ~」

と思う会話術には、
どんなものがありますか?

 

私は、
ひとつだけあります。

 

それが、

”不安にさせない会話術”

なんですね。

 

どういうことか?

具体例で説明しましょう。

 

実は…、

 

お恥ずかしい話ですが、

この台風で、
事務所に雨漏りが発生したのです!

 

そこで、
管理会社に連絡したのですが…。

 


「(物件名)の村田ですが、事務所が雨漏りしています。
どうすればいいですか?」

 

管理会社
「そうですか、では業者に連絡しますので、
今日のところはタオルとかでしのいでもらえますか?」

 

この会話だけで、電話を切ろうとするのです。

 


「いやいや、今後の流れはどうなりますか?
スケジュールを教えてください」

と言うと、

 

管理会社
「今日は業者が休みなんで…、月曜も祝日ですよね。
火曜日に連絡しますんで」

 


「火曜日に連絡をもらえるということでいいんですか?」

 

管理会社
「いや、火曜日に業者に連絡するので、
御社への連絡はそのあとですね」

 

こんな感じでしたが、どうですか?

これでは、不安だけが残りませんか?

 

ということで、

私が、

「この人、うまいなぁ~」

と思う人は、

”先回りして、答えてくれる人”

です。

 

上記の例であれば、

「大変申し訳ございません。被害の方はどんな感じでしょうか?」

まずは被害状況を聞きます。

 

そのうえで、

”聞かれる前”に、

「それでは、至急業者に連絡を入れますので、
本日のところはタオル等で応急処置をお願いできますか?
必要なものがあれば言ってください。持って行きますので」

これぐらいは言えないといけません。

 

そして、

「至急連絡を入れてみますが、業者が休みの可能性があります。
来週月曜も祝日ですので、火曜日になってしまうかもしれませんが、
とにかく連絡がつくように努力してみます。

状況は逐一ご報告させて頂きますが、
電話とメール、どちらがよろしいでしょうか?」

 

さらに、

「何時でも大丈夫ですので、お困りのことがございましたら、
ご連絡ください」

ここまで言われて、やっと安心できるんですよね。

 

”先回り回答”

は本当に大切で、私自身もかなり気をつけています。

 

「このあと、どうなりますか?」

そう聞かれたら、”要注意”です。

 

これを聞かれるということは、
上記の管理会社と同じことをしているのです。

 

まぁ、

ここまでひどい対応は、なかなかありませんが…。

 

不安にさせないためには、
今後の道筋を説明すること。

これがないと不安になるものなんです。

 

 

↓クリックして頂けると嬉しいです!(ランキングに飛びます。ご協力ありがとうございます。)


社長ブログランキング

 


にほんブログ村

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ご存知ですか? 経営が楽しくなる ”ちょっとした差”

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?

私は税理士として、社外CFO(最高財務責任者)として、
数々の会社を見てきました。

成長した会社もあれば、残念ながらダメになってしまった会社もあります。
”この違いはどこにあるのか?”
私はこの差を研究してきました。

このブログを読んで頂いてるあなたとは、何かしらのご縁があるはずです。
すべての経営者のサポートはできませんが、
ご縁があったあなたにはぜひ読んで頂きたいと思っています。

無料なので、とりあえず登録してみませんか?

 

おすすめの記事