著者の信頼度

実は今、3冊目を執筆中です。

といっても、
まだ書き始めたばかりで、先がまったく見えていませんが…。

 

ということで、
本日は「著者の信頼度」について。

 

本を書く前は、こう思っていました。

「いろんな出版社から本を出している人ってスゴイ!」

でも、

本を書き始めて、出版業界についていろいろ学んでいくと、
ちょっと違うことがわかってきました。

 

正確にはこうです。

「いろいろな出版社から、それぞれ複数冊出している」

これがスゴイということです。

どういうことかというと、
出版は、編集者との共同作業です。

長い時間をかけて、1冊の本をつくり上げていきます。

 

つまり、1冊つくってみて、

「またこの著者と仕事したい!」

と編集者が思ってくれない限り、2冊目はないのです。

 

イヤな人と、長い時間かけての共同作業は避けたいですよね。

いい人であっても、売れない人だと依頼しづらいですよね。

 

ということで、
同じ出版社から2冊目が出ていること。

これは信頼の証であり、
著者にとっては重要なことなんですね。

 

たとえば、
ここに、同じテーマで2冊の本があります。

どっちを買おうか迷ったとき…、
Amazonなどの著者ページを見てみましょう。

同じ出版社から、複数冊出ているのか?

これがひとつの信頼度になるはずです。

 

ちなみに…、

私は3冊とも、同じ出版社です!
(って、自慢かいっ!笑)

いやいや自慢ではなく、
私の場合は、本当に良い編集者に巡りあえたのです。

 

ということで、
3冊目もよろしくお願い致します!

 

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ダンゼン得する情報が、ここにあります!

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?
 

実は、いい経営をするためには、コツがあるんです。
”そのちょっとしたコツをお届けします!”

 

このちょっとの差が、
1日1日積み重なって、やがて大きな差になります。

 

ぜひ、メルマガにご登録ください。
ダンゼン得する情報を、あなたに毎日お届けします!

おすすめの記事