東京ドームの使い方。

「ここは、東京ドーム○個分もあるんですよ~!」

テレビ番組でよく聞くフレーズですよね。

 

私は、このフレーズを聞く度に、
東京ドームのことを思って、ちょっとせつなくなります。

 

「本当は野球場なのに、
また、モノの大きさを知らせる尺度として使われてるよ…」

って…。

 

でも、
これは、ある意味スゴイことでもありますよね。

 

東京ドームのことを誰でも知っているということでもあるからです。
東京ドームのことを知らなければ、大きさを知らせる尺度にはなりません。

 

実際に東京ドームに行ったことがなくても、
野球中継なんかの映像で、「広いな~!」ということが
わかっているからこその尺度なんですね。

 

これが、

「ニューヨークにあるセントラル・パークの○個分なんですよ~!」

 

といわれても、
何となく大きいことは想像できるのですが、
あまり馴染みのない日本人にとっては、適した尺度ではないんですよね。

 

つまり、

相手がイメージしやすい言葉で話すということが大切、

ということです。

 

「たとえば…」
と話し始めた人のたとえが、
まったくイメージできないときって、
ありますよね。

 

車に興味がない人の前で、
車にたとえてみたり、

 

そのドラマを見ていない人の前で、
そのドラマのシーンでたとえてみたり、

 

「いや、それ知らないんだけど…」
とは、なかなか言いづらいので、
わかったふりをして聞いているってことは
意外と多いのではないでしょうか。

 

たとえるときには、

”誰でも知っているものでたとえる”

これが基本ということですね。

 

そう考えると…、

これから、東京ドームに代わる
大きさを知らせる尺度は出てくるのでしょうか?

 

 

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ダンゼン得する情報が、ここにあります!

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?
 

実は、いい経営をするためには、コツがあるんです。
”そのちょっとしたコツをお届けします!”

 

このちょっとの差が、
1日1日積み重なって、やがて大きな差になります。

 

ぜひ、メルマガにご登録ください。
ダンゼン得する情報を、あなたに毎日お届けします!

おすすめの記事