それ、答えづらいです…。

答えづらい質問する人っていますよね。

 

たとえば、
こちらが興味があるかわからないのに、

 

「○○やろうと思うんですけど、
○月だと、何日だったら来られますか?」

 

こういう質問をされてしまうと、
それはもう”ファイナルアンサー”になってしまいます。

 

どういうことかというと、
こちらに興味がなくても、
社交辞令で、「○日あたりですかね…」
そう答えたとします。

 

それで、行かなかったら…。
相手はおそらくこう思うでしょう。

 

「あなたが、○日っていったから、
この日にしたのに、なんで来ないの?」

と…。

 

でもね…。

 

そもそも興味があるかないか、
まだわからない相手に、
「何日だったら来られますか?」
の質問は、ハードルが高いんですよね。

 

もちろん、
相手との関係性ができていればOKだと思いますが、
できてない状態でこれをやられてしまうと、
本当に返事に困ります。

 

まぁ、
相手はそこまで深く考えていないのかもしれませんが、
答える方としては、ちょっと躊躇しますよね。

 

だから、
逃げ道をちゃんと用意した質問をした方がいいんですね。

 

たとえば、

「今度、○○をやるので、
みなさんにリサーチさせてもらっています。

もしよろしければ教えて頂きたいのですが、
どういう日程にしたら、参加を検討しやすいと思いますか?

対象者は、30代の経営者です。
平日の19時以降とか、週末の方がいいとか、
意見を聞かせて頂けるとうれしいです。」

みないな感じだと、
相手は答えやすいですよね。

 

”あなた狙い撃ち”です!
みたいな質問だと、
どうしても、相手は慎重になってしまうと思うのです。

 

それよりは、

”みなさんに”聞いてます、
”一般的に考えてどうですか”
の方が答えやすいですよね。
いい意味で、”逃げ道”があるからです。

 

それでも、
どうしても”あなた狙い撃ち”をしたいのであれば、
リサーチメールを送った後、
こんな感じでアプローチしたらいいと思います。

「先日リサーチをお願いした○○ですが、
みなさまから頂いたご意見を元に、○日に決定致しました。
ご意見ありがとうございました。

また、リサーチにご協力頂いたみなさまには、
特別価格でご案内しております。

○○さんにも、お役に立てる内容だと思いますので、
もしご都合が合えば、ご参加いただけるとうれしいです。」

 

もちろん、
”どんどん押せ押せ”あなた狙い撃ちの
営業方法もあっていいと思いますが、
これは、相手との関係性があってのものです。

 

まずは、
”答えやすい質問から入る”

これからはじめた方がいいと
私は考えています。

 

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ダンゼン得する情報が、ここにあります!

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?
 

実は、いい経営をするためには、コツがあるんです。
”そのちょっとしたコツをお届けします!”

 

このちょっとの差が、
1日1日積み重なって、やがて大きな差になります。

 

ぜひ、メルマガにご登録ください。
ダンゼン得する情報を、あなたに毎日お届けします!

おすすめの記事