血か、能力か?

「ほとんどの権限は、新社長に渡される」

 

イオンが、
23年ぶりの社長交代を発表しました。

 

イオンといえば、

かつては、総合スーパーのイメージでしたが、
いまでは、商業施設イオンモールのイメージが
強いですよね。

 

イオングループの、
2019年2月期決算の売上高は、
約8兆5千億円。 

店舗数も2万1千店ということで、
まさに巨大企業ですよね。

 

そんな巨大企業を引っ張る”現社長”は、
創業家出身の岡田元也さん。

 

そして、

”新社長”に指名されたのは、
吉田昭夫さん。

創業家出身ではありません。

 

岡田さんは、
社長交代の記者会見で、
次のように答えています。

 

記者:
「なぜ、このタイミングで社長交代を決めた?」

 

岡田さん:
「具体的には19年の年初には議論に入っていた。
タイミングに意味はない。

善は急げで、決まれば出来るだけ早く
交代した方が良いと思っていた。

(社長在任が)長くなったのは恥じ入るばかり。
イオンの成長スピードが落ちており、
新しい成長モードに切り替わらなければならない

 

と言っているのですが…、

 

冒頭の言葉、

「ほとんどの権限は、新社長に渡される」

岡田さんは、
代表権のある会長に就いて、
長期戦略を担うらしいのです。

 

う~ん…、

矛盾を感じるのは私だけでしょうか?

 

長期政権で成長スピードが落ちてきているから
社長を交代するわけですが、

”代表権を持つ会長”となり、

しかも、

”長期戦略”を担う…。

 

新社長の吉田さんは、

やりづらいだろうなぁ~

勝手ながら思います。

 

この裏には何があるのか?

 

このヒントになることも、
記者会見では答えています。

 

記者:
「岡田さんの長男が、イオン社内にいますが、
将来、世襲させる予定は?」

 

岡田さん:
「本人がどういう風にやるかもわからないので、
答えられない」

 

つまり…、

新社長の吉田さんは、

”中継ぎ”

ということなのかもしれませんね。

もちろん、
私の勝手な想像ですが…。

 

まぁ、

この問題は難しいですよね。

 

”創業家でつないでいく”

というのも、

ひとつの考え方ですし、

 

”能力でつないでいく”

というのも、

ひとつの考え方。

 

どちらも正解です。

ただ…、

新社長の吉田さんは、

ちょっとやりづらそうだなぁ…

と思うわけです。

 

私自身は、
後継者に譲るのであれば、

”全権を委譲する”

のがいいと思っています。

 

後継者がやり易い環境を整えてあげるのも
先代の役割のひとつだと思うのです。

 

まぁ、

イオンほどの巨大企業になると、
株主の意向もあるので
難しい面もありますけどね…。

 

ということで、

今後のイオンの動きに注目してみましょう。

 

 

↓クリックして頂けると嬉しいです!(ランキングに飛びます。ご協力ありがとうございます。)


社長ブログランキング

 


にほんブログ村

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ご存知ですか? 経営が楽しくなる ”ちょっとした差”

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?

私は税理士として、社外CFO(最高財務責任者)として、
数々の会社を見てきました。

成長した会社もあれば、残念ながらダメになってしまった会社もあります。
”この違いはどこにあるのか?”
私はこの差を研究してきました。

このブログを読んで頂いてるあなたとは、何かしらのご縁があるはずです。
すべての経営者のサポートはできませんが、
ご縁があったあなたにはぜひ読んで頂きたいと思っています。

無料なので、とりあえず登録してみませんか?

 

おすすめの記事