仕事観をつくるもの。

4月の新卒社員の受け入れに伴い、
私のお客さまでも
いろいろと準備を進めています。

 

新卒社員にとっては、
基本的には
はじめての会社になるわけですが、

これって…、

 

 

とても重要なんですよね。

人との出逢いが大切なように、
会社との出逢いも大切。

 

なぜなら、

最初に入った会社が、
その人にとっての

”仕事観”

をつくってしまうからです。

 

たとえば、

先日、あるお客さまとの会議で話題となったのが、
「ちょっといいですか?」質問の是非。

 

人が集中しているときや、
出掛け間際に、

「ちょっといいですか?」

と話しかけて質問する…。

 

先輩や、上司からしたら、

「いやいや…、いま集中して仕事してるの分かるよね?」

「いやいや…、いまから出掛けますけど…」

「いやいや…、いま、どういう状況か分からない?」

そう言いたくなるものなんですが、

これって…、

 

 

新卒社員にとっては、
なかなか理解できないことだと思うんですよね。

 

私の場合は、
たまたまですが、
最初に入社した会社の上司が、

”話しかけるな!”

タイプだったんですね。

 

目の前に座っていましたが、
質問は、

”事前予約制”

メールでアポイントを取ってからでないと、
話せない環境でした。

 

入社当初は、

「なんで、話しかけちゃいけないんだ!」

なんて、
不満に思ったものですが、

仕事をしていくうちに、
その意味を理解できるようになりました。

 

でも、

このような、

”予約しなければ話せない”

という状況は、

学生時代には
なかなかないですよね。

 

だから、

悪気なしに、
「ちょっといいですか?」質問を
してしまうと思うのです。 

 

ということで、

何事も最初が肝心。

新卒社員に対しては、
しっかりと教育していくことが
重要なんですよね。

 

新卒社員の方も、
以前の私のように、
最初は不満に思うかもしれませんが、
後々、必ず感謝するはずです。

 

これは、

”甘さ”と、”厳しさ”の

違いだと思うのです。

 

”甘い”というコインがあるとしたら、

その裏面は…、

 

 

 

”冷酷”

甘やすということは、
そのときは良くても、
結果的には、その人のためにならない。

その人の成長のことを考えていないわけだから、
冷酷なんです。

 

これに対して、

”厳しい”というコインがあるとしたら、

その裏面は…、

 

 

 

”優しさ”

その人の成長を考えての厳しさ。

嫌われる覚悟を持って厳しくできるというのは、
優しさがなければできませんよね。

 

ということで、

あなたの会社では、

「ちょっといいですか?」質問を

許していますか?

 

もちろん、

”それがうちの社風”

ということもあると思います。

それはそれでOK、良いと思います。

 

要は、

”どのような人材に育てたいのか?”

このプランがあるのか否か、
これが大切だと思うのです。

 

新卒に限らずですが、

人を雇うということは、
その人の人生に大きな影響を与えることを
忘れてはいけません。

 

あなたの会社には、
どんなプランがありますか?

 

 

↓クリックして頂けると嬉しいです!(ランキングに飛びます。ご協力ありがとうございます。)


社長ブログランキング

 


にほんブログ村

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ダンゼン得する情報が、ここにあります!

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?
 

実は、いい経営をするためには、コツがあるんです。
”そのちょっとしたコツをお届けします!”

 

このちょっとの差が、
1日1日積み重なって、やがて大きな差になります。

 

ぜひ、メルマガにご登録ください。
ダンゼン得する情報を、あなたに毎日お届けします!

おすすめの記事