衣食住だけで生きていけるのか?

「明るさだけは失わずにいたい」

これは、
日経新聞で連載されている
カズこと、三浦知良選手のコラムにあった言葉です。

 

「今回の新型コロナウイルスの状況は、
9年前の東日本大震災の状況と似ている。

危機的な状況になると、
スポーツは、

”なくてもいいもの”

に思えてくる。

マスクなどの必需品を行き渡らせる、

これらに比べれば、
スポーツの価値は儚く、
自粛へ傾くのは無理もない

 

カズさんは、そう語っています。

 

しかし、

この事態も、

”いつかは”終息する。

 

カズさんは、こうも語っています。

 

「不安が拭われたとき、
ムードも変わってくるはず。

健康なら、元気に体を動かそう。

スポーツを通じて競い合い、
勝ち負けに喜び、怒って、笑う。

閉塞したままではいられず、
明るさを求めたくなるのが、
生き物としての人間の本質じゃないかな

 

そういえば…、

 

東日本大震災の復興支援チャリティーマッチでも、
きっちりゴールを決めて、
↓みんなに元気を与えていましたよね! 

「東日本大震災・復興支援チャリティーマッチでのカズゴール!」
※音が出ます。

 

ということで、

この危機的な状況の下では、

”不必要”

”なくてもいいもの” 

そう思われてしまう仕事も
世の中にはあると思います。

 

しかし、

人間というのは、
衣食住という
生きていくために必要なものだけでは
生きていけない生き物なんですよね。

 

正確にいうと、

”人間らしく生きる”

このためには、
衣食住以外の何かが
必要だと思うのです。

 

それは、

スポーツだったり、

音楽だったり、

小説だったり、

映画だったり、

人それぞれ、
違う何かがあると思うのです。

 

だから、

いまは、

”不必要”

”なくてもいいもの”

そう思われていても、

”腐らないこと”

 

カズさんのように、
いつか必要になると信じて、

”明るさだけは失わずにいたい”

 

カズさんのゴールで明るくなる!

そんな日が
一日も早く来るといいな…。

 

 

↓クリックして頂けると嬉しいです!(ランキングに飛びます。ご協力ありがとうございます。)


社長ブログランキング

 


にほんブログ村

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ダンゼン得する情報が、ここにあります!

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?
 

実は、いい経営をするためには、コツがあるんです。
”そのちょっとしたコツをお届けします!”

 

このちょっとの差が、
1日1日積み重なって、やがて大きな差になります。

 

ぜひ、メルマガにご登録ください。
ダンゼン得する情報を、あなたに毎日お届けします!

おすすめの記事