カタチにするということ。

日頃からお世話になっている「Amazon」の
特集番組を観ました。

 

その中で、
Amazon創業者である、ジェフ・ベゾスさんの

次の言葉が
とても印象的でした。

 

「私たちは、お客さまの声に耳を傾ける。
しかし、聞くだけでは足りない。
心がけるのは、何かを生み出すこと。

お客さまが何を求めているかを予測し、
お客さまが、
それに気づく前に、生み出す」

 

この言葉は、

ビジネスでは、
とても重要な言葉なんですよね。

 

というのは、

そもそも論として、

お客さまは、

”何が欲しいのか、よく分からない”

 

たとえば、

”スマホ”

 

スマホは、

電話もできて、メールもできて、音楽も聴けて、
さらに、ネットも使えて、アプリも使える、

 

これを、

”スマホ”

というカタチにしたから、

私たちは、

「それ、欲しい!」

と思えるわけです。

 

スマホというカタチがなければ、
漠然とした要望止まり…、

 

「電話もできて、メールもできて、音楽も聴けて、
さらに、ネットも使えて、アプリも使える、
そんな商品ってないのかなぁ~」

 

スマホというカタチがなければ、
何を買えばいいのか?

 

お客さまは、

”欲しいものが分からない”

のです。

 

そこで、
先程の、ジェフ・ベゾスさんの言葉です。

 

「お客さまが何を求めているかを予測し、

お客さまが、
それに気づく前に、生み出す」

 

つまり、

”カタチにすること”

これが大切なんですよね。

 

お客さまが欲しているものを、
お客さまが気づく前に、
ひとつのカタチにするのです。

 

そうすると…、

 

 

 

「そうそう、これこれ!
こういうのが欲しかったんだよね!」

 

お客さま自身も、
そこで初めて
欲しいものが分かるわけです。

 

ということで、

お客さまは、

”何が欲しいのか、よく分からない”

 

お客さまが欲しているものを
お客さまが気づく前に、カタチにする。

 

そのためにも、

まずは、
お客さまの声に耳を傾けてみましょう。

 

 

↓クリックして頂けると嬉しいです!(ランキングに飛びます。ご協力ありがとうございます。)


社長ブログランキング

 


にほんブログ村

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ダンゼン得する情報が、ここにあります!

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?
 

実は、いい経営をするためには、コツがあるんです。
”そのちょっとしたコツをお届けします!”

 

このちょっとの差が、
1日1日積み重なって、やがて大きな差になります。

 

ぜひ、メルマガにご登録ください。
ダンゼン得する情報を、あなたに毎日お届けします!

おすすめの記事