吟味してますか?

ドラックストアチェーン

「ツルハホールディングス」

の特集記事を読みました。

 

ツルハホールディングスは、
M&Aで
ドラッグストア網を広げていますが、

これまで買収した6社、
すべてが大幅増益になっているとのこと。

 

その秘訣のひとつは、

 

儲け以外の部分で、

”買収の基準を決めている”

ということです。

 

儲かるというのは、
悪いことではなく、
もちろん、大切なことなのですが、

それが最大の基準になってしまうと、
買収後の会社は、
おかしくなっていきます。

 

”お金は魔物”

儲け至上主義になると、
お客さまや、従業員、商品に込めた想い、

これらが
どこかに消えてしまいがちになるからです。

 

だから、

 

ツルハホールディングスでは、
買収するかどうかの基準を
次のように定めているそうです。

それが、

 

”接客と、商品を育てるのが好きかどうか?”

 

ある買収案件では、
儲けが見込めそうではあったものの、

”「いらっしゃいませ」が言えない従業員ばかりだった”

 

ということで、
買収を見送っているそうです。

 

これは、
ある意味、人の採用も同じですよね。

 

”曲がった枝は直せない”

それよりは、

”最初から、まっすぐな枝を選ぶ”

 

想像すれば分かりますが…、

 

挨拶も出来ない従業員がいる会社を買収して、
基本中の基本である
挨拶から再教育するのは…、

 

 

 

”時間が掛かるし、無駄になる可能性が高い”

 

買収もビジネスですからね。

慈善事業ではありませんから、
効率を考えると、
やめておくべきなのは想像できますよね。

 

ということで、

M&Aは、
企業が大きくなるためには
最適な方法です。

 

しかし…、

 

その反面、リスクも大きい。

 

買収した企業の従業員に
反乱でも起こされたら…、

 

 

時間とお金の両方で、
大きな損失になります。

 

つまり、

”買収する前に、よく吟味すること”

 

人の採用でも、

”試用期間”

というお試し期間があるように、

 

”同じ志でやっていけるのか否か?”

これを、
しっかりと見極めることです。

 

儲けを急ぐあまりに、
取り返しのつかない買収をしてしまった…、

 

そんな話は、
世の中にたくさんあるのです。

 

もう一度言います。

”曲がった枝は直せない”

よく吟味しましょう。

 

 

↓クリックして頂けると嬉しいです!(ランキングに飛びます。ご協力ありがとうございます。)


社長ブログランキング

 


にほんブログ村

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ダンゼン得する情報が、ここにあります!

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?
 

実は、いい経営をするためには、コツがあるんです。
”そのちょっとしたコツをお届けします!”

 

このちょっとの差が、
1日1日積み重なって、やがて大きな差になります。

 

ぜひ、メルマガにご登録ください。
ダンゼン得する情報を、あなたに毎日お届けします!

おすすめの記事