チャンスは○○できない!

「チャンスがあるなら、チャレンジするんだ。
同じチャンスがもう一度めぐってくるという保証は
どこにもないだろう」

 

このセリフで、”ピン”ときた方がいたら、
すぐ友達になれそうです。

 

これは、「バリバリ伝説」というバイク漫画の主人公、
巨摩 郡(こま ぐん)が、世界に挑戦するときに言った
言葉です。

 

当時、高校生だった私にとって、
この言葉はとても衝撃的で、刺激的でした。

今でも時々思い出すほど、
私の人生に大きな影響を与えています。

 

チャレンジという言葉の裏には、
恐怖や失敗という言葉が隠れています。

 

「今はまだその時じゃないな…」

とか、

「これが完璧になったらやろう…」

とか、

いろいろとチャレンジしない理由を付けて、
結局やらない…ということもあります。

 

でも、当たり前ですが、
同じチャンスが、まためぐってくる保証は
どこにもないのです。

 

 

「チャンスの神様は、前髪しかない」
ともいいますよね。

気がつくのが遅くて、すれ違ってしまったら、
つかもうとおもっても、つかむ後ろ髪がない…。

まぁ、神様の髪の毛をつかむというのもどうかと思いますが…。

 

つまり、

厳しい言い方ですが、

「チャンスはまためぐってくるよ!」

というのは、
慰めの言葉にはなっても、
その保証はないんですよね。

 

だから、

 

私たちは、いつチャンスが来てもいいように、
「準備」しておく必要があるのです。

これは、師匠の小宮一慶さんに教えてもらったことですが、
「チャンス」の反対語は、「準備」

 

「チャンス」をつかめる人は、
「準備」している人ということですね。

 

チャンスは貯金できません。
あとで使おう…、なんて都合のいいことはできないんです。

あなたは、チャンスをみすみす逃してませんか?

 

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ダンゼン得する情報が、ここにあります!

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?
 

実は、いい経営をするためには、コツがあるんです。
”そのちょっとしたコツをお届けします!”

 

このちょっとの差が、
1日1日積み重なって、やがて大きな差になります。

 

ぜひ、メルマガにご登録ください。
ダンゼン得する情報を、あなたに毎日お届けします!

おすすめの記事