ミスが出るのは慣れたとき。

”だんだんと気が緩む”

人間は良くも悪くも、
慣れてくると、
どうしても気が緩みがちです。

 

緊張が解けて、
程よくリラックスするならいいのですが、

最初はキチッとしていたことも、

「まぁ、これぐらいでいいか…」

と、だんだん基準が下がってきてしまう…、
なんていう悪影響が出ることもあります。

 

そこで気をつけたいのが、

”仲良しグループ”

”切磋琢磨のグループ”

の違いです。

 

今の時代、職場環境というのは、とても大切ですよね。

経営者にそんなつもりはなくても、
ちょっとの誤解で

”ブラック企業”

という烙印を押されたりすることも十分に考えられる世の中です。

 

だからといって、

職場にルールもない、ノルマもない、
ワイワイ、みんなで仲良く、楽しく仕事ができればいいのかというと、
それも違いますよね。

 

つまり、
単なる”仲良しグループ”ではいけないのです。

 

言うまでもありませんが、
職場は、仕事をする場所であり、遊びに来る場所ではありません。

 

仲良く、楽しく仕事をするにしても、
そこには、

”みんなで協力して目標を達成する”

”個々人の能力を伸ばす”

”創意工夫をして、困難を乗り越える”

そういった、別の意味の楽しみも必要だと思うのです。

 

当然ながら、
その過程ではツラいこともあるでしょうし、
苦しいこともあるでしょう。

 

そんなときに、

”あの人も頑張ってるんだから、私も頑張ろう!”

そんな切磋琢磨できる環境で仕事ができた方が、
楽しいですよね!

 

経営者は、

”仲良しグループ”をつくるのではなく、
”切磋琢磨のグループ”をつくる。

 

そのためには、
まず経営者自身が、向上心を持って、実際に行動していることが大切です。

 

従業員は、社長のことを、よ~く見ています。

「この人は口だけだな…」

そう思われたら終わりです。
指揮官先頭で、自らが手本となりましょう。

 

 

切磋琢磨のグループにするための方法としては、

”経営理念やミッション、ビジョンを掲げる”

”月間や年間の具体的目標を掲げる”

”社内の風通しをよくする(安心・安全・ポジティブな場をつくる)”

”叱るときは、きちんと叱る”

 

そして、

私たちが忘れがちなのが、

”目標を達成したらお祝いする!”

です。

 

慣れとは恐ろしいものです。
経営者は、微妙な職場の変化に、いち早く気がつかないといけません。

 

そうしないと、
手遅れになりますよ!

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ダンゼン得する情報が、ここにあります!

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?
 

実は、いい経営をするためには、コツがあるんです。
”そのちょっとしたコツをお届けします!”

 

このちょっとの差が、
1日1日積み重なって、やがて大きな差になります。

 

ぜひ、メルマガにご登録ください。
ダンゼン得する情報を、あなたに毎日お届けします!

おすすめの記事