やってはいけない共同経営。

オンラインで
様々なスキルを売買できるサービスを手掛ける

「ココナラ」

 

創業者で
代表取締役社長だった南章行さんが
代表取締役会長に、

 

鈴木歩取締役が、
代表取締役社長に就任し、

”代表2人体制”になることを

発表しました。

 

南会長は、

「社員が100人に達したタイミングで
社内の管理体制などの強化を図ることにした。

代表2人を置くことで、
事業開発や組織づくりで役割分担しながら
迅速に意思決定できるようにする」

とコメントしています。

 

”代表2人体制”

これは、

言うほど簡単ではありません。

 

いわゆる、

”共同経営”

になるわけですが、

これがうまくいっているケースは

残念ながら…、

あまり知りません。

 

昔から、

”船頭多くして船山に上る”

といいます。

 

指示する人が増えると、
混乱するものなんですね。

 

では、

共同経営を成功させるためには
どうすればいいのか?

 

そのひとつは、

”同列にしない”

ということ。

 

今回の「ココナラ」の場合も、
会長と社長、

代表は代表でも、
順位を付けていますよね。

 

これが、

「共同経営だから、全員同じ立場でいいよね!」

なんて
安易に始めると、
後々大変になります。

 

あとは、

”別れるときを決めておく”

 

恋愛と同じで、
始めたときは
その勢いでいけるのですが、

時が経ち、

お互いの意見の相違などが見えてきたとき、
その関係を修復できずに

ケンカ別れ…、

 

なんてことが
よくあります。

 

だから、

”最初に言えば、”説明”、
後から言えば、”言い訳”

 

最初に、

”別れるとき”を決めておくのです。

 

もちろん、
別れることだけでなく、

給料の面など、
言いづらいことを事前に決めておくことは
重要です。

 

ということで、

 

個人的には
共同経営はオススメしませんが、

どうしてもやる場合には、

 

”順位を付ける”

”別れるときを決めておく”

 

この2つは
最低でもやっておいた方が良いと思います。

 

それでも…、

オススメしませんが…。

 

 

↓クリックして頂けると嬉しいです!(ランキングに飛びます。ご協力ありがとうございます。)


社長ブログランキング

 


にほんブログ村

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ダンゼン得する情報が、ここにあります!

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?
 

実は、いい経営をするためには、コツがあるんです。
”そのちょっとしたコツをお届けします!”

 

このちょっとの差が、
1日1日積み重なって、やがて大きな差になります。

 

ぜひ、メルマガにご登録ください。
ダンゼン得する情報を、あなたに毎日お届けします!

おすすめの記事