借金が悪いのではない、悪いのは○○〇だ!

”財政赤字が、コロナ前の3倍!”

米議会予算局が発表した
2021年度の財政赤字予測は、
3兆30億ドル(約330兆円!)

 

国内総生産(GDP)対する比率は、
13.4%と戦後2番目の高水準。

コロナの影響は、
世界経済トップのアメリカにも
大きな影響を与えているわけですよね。

 

赤字ということは…、

 

当然ながら、
足りない分は
借金で賄うことになるわけですが、

アメリカの政府債務は
GDP比で140%近く!

 

GDPとは、付加価値のこと。

企業でいえば、

”粗利益”

粗利益の140%近くの借金があったら…、

企業としては
倒産してもおかしくはない、

かなり厳しい状況ですよね…。

 

現に、

ギリシャの財政危機が問題になったときの
GDP比が113%ぐらいでしたから…、

140%は
危機感を覚える数字のはずです。

 

と、まぁ…、

普通はそうなるわけですが、

我が日本のGDP比は
優に200%を超えていますからね…。

 

果たして、

この数字に危機感を持っている人は、
日本にどれぐらいいるのでしょうか…?

 

ということで、

このコロナ禍では、
国レベルでも借金が膨らんでいます。

企業レベルでは、なおさらですよね。

 

世の中には、

”借金は悪”

そんな考え方もありますが、
私自身はそうは思っていません。

 

もちろん、

無借金であることがベストですが、
借金も使い方次第。

 

借金をすることで、
企業が成長できることもあるわけです。

 

では、何が悪なのか?

 

それは、

”借金に対する考え方がないこと”

 

現在の数字、将来の数字予測から、

”いくらまでなら借りられるのか?”

具体的な数字で考えるのはもちろんのこと、

 

”延命のための借金はしない”

”企業が成長できるための借金をする”

これら
抽象度高めの考えを持つことも大切です。

 

世の中には、
何も考えずに借金をしてしまう…、

そういう人が
意外に多いような気がしています。

 

当たり前のことですが、
借金というのは、返済義務があります。

返せるあてもないのに
借りてしまったら…、

 

その先に待っているものは…、

容易に想像できますよね。

 

ということで、

アフターコロナが見えてきたいま、
いま一度、資金繰りをしっかりと考えてみましょう。

 

”借金するのもタイミング”

今日言って、
明日借りられるようなことは
滅多にありません。

 

借金に対する考え方をきちんと持って、
早め早めの計画を立てていきましょう。

 

それにしても…、

我が日本には、

借金に対する考え方はあるのでしょうか…?

 

 

↓クリックして頂けると嬉しいです!(ランキングに飛びます。ご協力ありがとうございます。)


社長ブログランキング

 


にほんブログ村

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ダンゼン得する情報が、ここにあります!

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?
 

実は、いい経営をするためには、コツがあるんです。
”そのちょっとしたコツをお届けします!”

 

このちょっとの差が、
1日1日積み重なって、やがて大きな差になります。

 

ぜひ、メルマガにご登録ください。
ダンゼン得する情報を、あなたに毎日お届けします!

おすすめの記事