絶対に負けられない戦いがある。

緊急事態宣言が明け、
少しずつですが、
コロナ前の日常に戻りつつあります。

 

コロナ禍となり、
早いもので、もうすぐ2年…、

私たちの生活環境は、
激変といっていいぐらいの変化がありましたよね。

 

変化の中でも、

テレワーク、

そして、

フードデリバリー、

 

この2つは、
ウィズコロナ、アフターコロナの時代になっても、
変わらないものとして残っていくでしょう。

 

そんな、フードデリバリーですが、
Uber Eats、出前館を筆頭に、
競争が激化しています。

緊急事態宣言が明けても、
見ない日はありません。

 

しかし…、

 

おそらく数年後には、
2~3社に絞られる…、

これはほぼ間違いないでしょう。

 

先日発表された、
業界大手【出前館】の決算発表では、

2022年8月期の決算見通しが、
500億~550億円の赤字…。

 

2021年8月期も、
206億円の赤字…、

 

コロナ禍で、
売上が3倍になったにもかかわらず、
赤字続き…。

 

この理由は、大きく2つ。

 

1つは、広告宣伝費の増加。

♪で、で、出前館、出前がスイスイスイ~♪

このCMを見ない日はありませんよね。

 

Uber Eatsとの、
激しいシェア争いをしていますから…、

一歩も引けない状態なんでしょう。

 

2021年8月期の売上高(約290億円)を
超える水準のお金をつぎ込んでいるようです。

 

そして、

2つ目は、売上原価の増加。

 

フードデリバリーの原価と言えば、

”配達代行費”

人手不足により、
配達員の獲得競争も激化しているわけです。

 

40%の原価率だったものが、
足元では、60%にまで膨らんでいるようです。

 

ということで、

これからは、”資金力の差”

消耗戦がはじまったいま、
この戦いに残れる企業は、そう多くはないでしょう。

 

出前館では、
2年後の黒字化を目指し、
ソフトバンクグループ傘下のZホールディングスから、
約830億円の資金調達を行ったようですが、
これで…、足りるのでしょうか…?

 

ちなみに、

出前館の現預金は、
この一年で、約188億円減…。

 

自己資本比率も、

79.1% → 34.5%

急速に低下しています。

 

いまが堪え時なんでしょうが…、

厳しい戦いになりそうですね。

 

果たして、

フードデリバリー業界を制するのは
どの企業か…?

今後の動きに注目しましょう。

 

 

↓クリックして頂けると嬉しいです!(ランキングに飛びます。ご協力ありがとうございます。)


社長ブログランキング

 


にほんブログ村

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ダンゼン得する情報が、ここにあります!

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?
 

実は、いい経営をするためには、コツがあるんです。
”そのちょっとしたコツをお届けします!”

 

このちょっとの差が、
1日1日積み重なって、やがて大きな差になります。

 

ぜひ、メルマガにご登録ください。
ダンゼン得する情報を、あなたに毎日お届けします!

おすすめの記事