”借りない”という選択。

新型コロナウイルスによる売上急減から救うために、
無利息・無担保などの緊急融資制度が設けられ、
申し込みが殺到しています。

私のところにも、
融資の相談がたくさん来ていますね。

 

私は以前から、

”衝撃に備えよ”

ということを言っています。

 

企業は、赤字で倒産するのではなく、
お金がなくなったときに倒産する。
最後に頼れるのはキャッシュだけなんです。

 

だから、
いまは、いつも以上に、

”キャッシュを厚くしておくこと”

これを、
このブログでも何度も書いてきました。

 

ということで、

ほとんどのお客さまには、
融資を受けるようにアドバイスしていますが、

中には、

「もう一度、よく考えてください」

そうアドバイスをすることがあります。

 

それは、
どういうときかというと、
大きく分けて、2つあります。

 

1つは、

”年内の見通しがまったくつかない会社”

 

たとえば、
店舗型飲食店や、イベント制作、講演業、
などです。

もっと分かりやすく言えば、

”人と接触しないと成立しない仕事”

です。

 

これらの会社の場合は、
誤解を恐れずに言えば、

”いま、お金を借りたところで…”

というのがあります。

 

お金を借りられるといっても、
無尽蔵に借りられるわけではありません。

年内まったく仕事がない状態で、
年を越せるほどのお金を借りられる企業は少ないでしょう。

 

また、

当たり前ですが、借りたものは、返さなければならない。

年内に仕事が再開できないとなったら、
返すことも難しくなるわけです。

 

”年内の見通しはどうなのか?”

これについては、
ポジティブではなく、

”ネガティブシミュレーション”

最悪の状態をシミュレーションしてみることです。

 

そして、

年内の再開が難しいだろう…、

そうなったら、
融資自体をもう一度考えてみる。

 

繰り返しますが、

”借りたものは、返さなければならない”

のです。

 

 

そして、

もう1つは、

”新型コロナウイルスに関係なく、
業績が悪化していた会社”  

 

もともと業績が悪かった企業の中には、

「緊急融資だったら受けやすいから、受けておこう…」

そんな思惑の企業も、少なくありません。

 

つまり、

何の打開策も持たず、

”とりあえずの延命”

このために借りるということです。

 

一時の延命のために、さらなる借金を背負う…、

いわゆる、

”自転車操業状態”

これでは、
借りられたことで、
余計に不幸になってしまう可能性が高いのです。

 

ということで、

いまは、

世の中的には、

”借りられるだけ、借りろ!”

そんな空気感になっています。

 

しかし、

その大前提は、

”未来があること”

 

いまやっているビジネスは、

”コロナショックを乗り切れば、何とかなる”

 

あるいは、

”いまのビジネスでは厳しいから、別のビジネスに乗り出す”

 

いずれにしても、

”未来があるから、お金を借りる”

 

何の打開策も持たずに、

緊急融資は受けやすいから申し込む、

一時の延命のために申し込む、

これだと、
危険なんです。

 

ということで、

周りに流されずに、

”借りない選択もある”

このカードを持って、
融資について考えてみてください。

 

 

↓クリックして頂けると嬉しいです!(ランキングに飛びます。ご協力ありがとうございます。)


社長ブログランキング

 


にほんブログ村

 

 

<無料>のメルマガでは、ブログでは書けない情報も公開しています!
経営が楽しくなる "ちょっとした差” 教えます。

”2作連続、Amazon<総合>ランキング1位獲得著者”
税理士・社外CFOパートナー村田栄樹の<経営メルマガ>
https://brutality-ex.jp/fx38664/iroha001

 

 

 

一緒に、よりよい経営を目指してみませんか?


ダンゼン得する情報が、ここにあります!

あなたは、ワクワク・楽しい経営をしていますか?

それとも、不安でつまらない経営をしていますか?
 

実は、いい経営をするためには、コツがあるんです。
”そのちょっとしたコツをお届けします!”

 

このちょっとの差が、
1日1日積み重なって、やがて大きな差になります。

 

ぜひ、メルマガにご登録ください。
ダンゼン得する情報を、あなたに毎日お届けします!

おすすめの記事